マイセトーマ(Mycetoma:菌腫)が WHOの「顧みられない熱帯病(NTDs)」のリストに新たに加わる

マイセトーマ(Mycetoma:菌腫)が WHOの「顧みられない熱帯病(NTDs)」のリストに新たに加わる
拡大する(全1枚)
WHOのNTDsリストに追加されたことで今後マイセトーマが各国政府の対策や資金援助の対象となることが期待されます
<2016年5月28日DNDiが発表したプレスリリースの参考和訳です。>

[ジュネーブ・スイス、2016年5月28日]重篤な感染症であるマイセトーマ(Mycetoma:菌腫)がWHOの「顧みられない熱帯病(NTDs)」の公式リストに追加されたことにより、WHO加盟各国はこれまで全く顧みられてこなかった疾患であるマイセトーマに苦しむ患者さんのために国家としてグローバルな立場で責任を果たす重要な第一歩を記しました。

「マイセトーマのWHO NTDsリストへの追加は、この疾患が最も必要とする政治的配慮をもたらし、資金提供者がマイセトーマに対する援助を申し出る上でその体制が整いました。グローバルなプログラムが起き上がることにより、疫学、リスク因子、治療の戦略、早期発見について、より明確に定義することができます」と、DNDi(Drugs for Neglected Diseases initiative顧みられない病気の新薬開発イニシアティブ)のメディカル・ディレクターであるナタリー・ストラブウォルガフト(Nathalie Strub-Wourgaft)博士は述べています。

マイセトーマは、破壊的で進行の遅いバクテリアないしは真菌に感染する疾患、すなわち皮膚組織の慢性感染症で、治療を施さないと最終的に切断手術となります。子供や若い成人がとりわけ危険にさらされています。現存の抗真菌薬や手術による治療が可能なのは、この真菌性菌腫(ユーマイセトーマ:eumycetoma)を持つ患者さん全体の35%に過ぎません。この疾患は土壌ないしは動物の糞から感染します。とげなどが皮膚に刺さることにより体全体に真菌が侵入すると考えられています。

当時の記事を読む

Digital PR Platformの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

総合ランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク