人工知能×アーティストで作成された楽曲が完成 -- 共同募金運動70年記念応援ソングで使用 -- 大阪大学

人工知能×アーティストで作成された楽曲が完成 -- 共同募金運動70年記念応援ソングで使用 -- 大阪大学
拡大する(全1枚)
大阪大学産業科学研究所の沼尾正行教授らによる、工学系分野の人工知能、機械学習、進化計算、自動作曲に関する研究成果(大阪大学の最新の研究成果はこちらから: http://resou.osaka-u.ac.jp/ja


【研究成果のポイント】
■人工知能を利用した自動作曲システムを用いて、アーティストとの共同作業により楽曲を作成
■楽曲は人工知能技術により生成されたメロディをベースとしてアーティストが手を加えて完成
■音楽界に新風を吹き込む、新たな作曲手法の提示になることに期待

【概 要】
 大阪大学産業科学研究所の沼尾正行教授、および東京都市大学メディア情報学部の大谷紀子教授の研究グループは、開発した人工知能技術(自動作曲システム(図1))を用いて、Office FUKUROUに所属するフォークデュオ「ワライナキ」と共同で、共同募金運動70年記念応援ソング(図2)を完成させた。
 今回使用された人工知能に基づく自動作曲システムは、目的の感性を想起させる既存楽曲が入力されると、入力された楽曲に共通する特徴を学習し、得られた特徴に基づいて楽曲を生成するもの。
 本システムにより生成されたメロディをベースとして、プロのアーティストと共同で応援ソングを完成させた。
 今後、新たな作曲方法がアーティストの作曲活動に取り入れられ、音楽界に新風を吹き込むことが期待される。

 楽曲は10月1日(土)11時30分から近鉄奈良駅行基前広場で実施される「共同募金運動70年記念オープニングセレモニー」で発表される。

当時の記事を読む

Digital PR Platformの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

総合ランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年9月30日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。