日本映画大学が6月24日に公開授業「音響論」を開講 -- 映画「黒い雨」の上映と映画録音技師・紅谷愃一氏の特別講義を実施

日本映画大学(川崎市麻生区/学長:天願大介)は、6月24日(土)に行う映画学部の教養科目「音響論」を、公開授業として市民にも開放する。当日は、今村昌平監督の映画「黒い雨」の上映と、同作品の録音を担当した映画録音技師・紅谷愃一氏の特別講義を実施。事前申し込み制(先着順)、定員50名。参加費無料。


 今回の授業では、原爆投下によって引き起こされたある家族の悲劇を通して、原爆の恐ろしさを描いた今村昌平監督の代表作品「黒い雨」(1989年公開)を取り上げる。
 この作品の録音を担当した紅谷愃一氏をゲストに、今村監督の助手を務めてきた映画監督の細野辰興准教授も交え、作品制作にまつわる苦労や監督のこだわりなど、直接今村監督と接したスタッフならではの話を聞いていく。概要は下記の通り。
※一般市民の皆様の参加をお待ちします。

◆日本映画大学 公開授業「音響論」
【授業名】 音響論
【日 時】 6月24日(土) 13時~17時30分予定
【会 場】 新百合ヶ丘校舎4F大教室
【アクセス】 http://www.eiga.ac.jp/access.html
【上映作品】 映画「黒い雨」(1989年/今村昌平監督作品/123分)
【ゲスト】 録音技師 紅谷 愃一氏
【参加対象】 学生および一般(高校生以上)
【参加費】 無料

※一般参加者は定員50名。事前申し込み制、先着順(無料)となります。
【応募方法】 (Koukai@eiga.ac.jp )へ件名「6/24公開授業申込」と明記し、本文に氏名・電話番号を明記して下さい。なお、授業を公開するため、申し込み多数の場合、お断りする場合もございますので予めご了解下さい。

あわせて読みたい

Digital PR Platformの記事をもっと見る 2017年6月10日のリリース記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。