健康増進や学び直しの支援など、大学のシニア向け支援

高齢化が進む社会の中で、大学がどのような役割を担うことができるのか。さまざまな試みが始まっている。
【川村学園女子大学、大妻女子大学、創価大学、多摩大学、文化学園大学、立教大学、神奈川大学、京都橘大学、立命館大学、広島国際大学】


 川村学園女子大学(千葉県我孫子市)は来年、50歳以上の女性を対象としたシニア社会人学生制度を新設する。長年にわたって培った豊かな経験を生かして、大学での学びに改めてチャレンジしてもらうことが目的。入学希望者はAO入試を含め一般の受験生と同じ入試を受ける。
https://www.u-presscenter.jp/2017/10/post-38053.html


 大妻女子大学(東京都千代田区)の地域連携推進センターは、高齢者向けの学び直し講座や健康支援に積極的に取り組んでいる。今年は8月に千代田キャンパスで食生活改善講座を開講。また、かねてより主に多摩キャンパス近隣で高齢者向けの携帯・スマートフォン教室を開いてきたが、昨年は東日本大震災復興支援を目的として、福島県相馬市と南相馬市に実施地域を拡大。今年9月にも両市で高齢者向けの携帯・タブレット教室を実施した。
https://www.u-presscenter.jp/2017/09/post-38027.html


 創価大学(東京都八王子市)通信教育学部では、自由選択コースの科目をテーマに沿ってまとめた「SOKA セレクト・パック」を実施し、幅広い世代に学びを提供している。歴史・音楽・哲学をまとめた「教養を深めるために」など、7つのパックから興味のあるものを選択するだけで、簡単に学習を開始することができる。

あわせて読みたい

Digital PR Platformの記事をもっと見る 2017年11月9日のリリース記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。