追手門学院大学のアサーティブプログラム・アサーティブ入試が大学経営の先進的事例として評価 -- 文科省の事例調査対象校に選出

追手門学院大学(大阪府茨木市)のアサーティブプログラム・アサーティブ入試は、大学入試改革の先進的事例として全国的に注目を集めているが、大学経営における教職協働の先進的事例としても高く評価され、概要報告書が文部科学省の公式ホームページで紹介されている。


●追大の「アサーティブ」とは
 追手門学院大学のアサーティブプログラム・アサーティブ入試は、学力試験による選抜型から育成型への転換をコンセプトに2014年度より取り組みを進めているもの。文部科学省「平成26年度大学教育再生加速プログラム」の入試改革の分野において私立大学では唯一採択を受け、制度に基づく中間評価でも最高のS評価を唯一受けた。

 「アサーティブ」のねらいは、出願のプロセスに入る前の高校1~3年生に「なぜ大学に進学するのか」「何を学び、どのような将来を描くのか」など、大学での学びに対する期待や意欲を育み受験を促すことでミスマッチを防ぎ、入学後も能動的な学生生活を送ってもらおうというもの。

 このうちアサーティブプログラムは職員との個別面談をメインとし、アサーティブ入試はグループディスカッションと学力検査の1次試験と2次面接により構成される。
 合格者には入学前学習としての課題も用意。入学後の意欲的な学びや積極的な学内活動への参加など、より有意義な学生生活へ向けた準備を始めることができる。

●「アサーティブ」は教職協働
 「アサーティブ」には同大の職員約110名のうち、半数を超える60名が関与。アサーティブプログラムにおける高校生との個別面談はすべて職員が対応し、2017年度は約1000名の高校生と、大学に進学する意味や将来について話をした。

あわせて読みたい

Digital PR Platformの記事をもっと見る 2018年4月16日のリリース記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。