◆極彩色の壁画で有名な高松塚古墳の発見を機に開講した歴史ある講座◆関西大学飛鳥史学文学講座500回記念講演「陵墓調査の30年-仁徳天皇陵はどこまでわかったか」を開催!

◆極彩色の壁画で有名な高松塚古墳の発見を機に開講した歴史ある講座◆関西大学飛鳥史学文学講座500回記念講演「陵墓調査の30年-仁徳天皇陵はどこまでわかったか」を開催!
関西大学ではこのたび、極彩色の壁画で有名な高松塚古墳の発見をきっかけとして1974年に開講した、関西大学飛鳥史学文学講座の第500回記念講演「陵墓調査の30年-仁徳天皇陵はどこまでわかったか」を、6月10日(日)13:00から奈良県・明日香村中央公民館にて開催します。


【本件のポイント】
・極彩色の壁画で有名な高松塚古墳の発見を機に、1974年に開講した歴史ある講座
・2015年に受講者の累計10万人を突破し、今年6月10日に第500回の節目を迎える
・日本の大学で地元自治体と協力して史学文学講座を500回継続している例はない
・今回は明日香村だけでなく、仁徳天皇陵などの古墳群の世界遺産登録を目指す堺市とも連携

第500回記念講演は、講師に宮内庁陵墓調査官の徳田誠志氏を招き、「陵墓調査の30年-仁徳天皇陵はどこまでわかったか」を演題に語っていただきます。

■ 徳田氏が語る内容のポイント
1.「仁徳天皇陵」のお濠の謎
  今年4月の新聞に仁徳天皇陵のお濠の水は、25mプール700杯分という見出しが躍った。
  何のために測ったか、その結果わかったことは――。

2.「仁徳天皇陵」の墳丘の謎
  近年、レーザ測量を用いて仁徳天皇陵の地形図が新たに作成された。
  仁徳天皇陵の前方部だけがなぜ崩壊していないのか――。

3.「仁徳天皇陵」出土品の謎
  アメリカボストン美術館には「伝仁徳天皇陵出土品」が所蔵されている。

あわせて読みたい

Digital PR Platformの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年5月25日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。