全国外大連合が7月から9月にかけ全国高校生対象「ラグビーワールドカップ2019(TM)国際交流入門講座」を開催 -- 2019年9月の開催に先駆け、ラグビーや、英語のほか、出場チームの言語に触れ、国際社会で活躍するきっかけとなることを目指す

全国外大連合(※1)は7月から9月にかけ、全国12か所(東京、釜石、熊谷、大分、福岡、横浜、大阪、熊本、神戸、名古屋、静岡、札幌)で全国の高校生を対象とした「ラグビーワールドカップ2019(TM)国際交流入門講座」を開催する。2019年9月から開催されるラグビーワールドカップ2019(TM)日本大会を前に、ラグビーへの関心、理解を深めるとともに、外国語によるコミュニケーション力や外国人への「おもてなし」の心を持った人材を育成することが目的。同大会をはじめ国際的なイベントを通じ、高校生が将来、国際社会で活躍するきっかけとなることを目指す。参加費は無料。詳細はリーフレットまたはホームページ参照。


 神田外語大学は、国内にある7つの外国語大学で構成される、全国外大連合(関西外国語大学、神田外語大学、京都外国語大学、神戸市外国語大学、東京外国語大学、長崎外国語大学、名古屋外国語大学)の1校として、公益財団法人ラグビーワールドカップ2019組織委員会(東京都新宿区/事務総長 嶋津昭)と2019年に開催するラグビーワールドカップ2019(TM)日本大会の成功に向け、人的および教育、研究の分野等で相互に連携・協力体制を構築することを目的とした協定を結んでいる。全国7つの外国語大学協働で、2015年から過去5回、大学生を対象とした多言語の通訳・翻訳技法などの講座を提供する「通訳ボランティア育成セミナー」を開催し、言語サービスボランティア人材の育成に力を入れてきた。

あわせて読みたい

Digital PR Platformの記事をもっと見る 2018年6月12日のリリース記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。