追手門学院大学の学生が産官学金連携の「八百屋」に参画 -- 岡山県鏡野町と大阪市茨木市の産直品を販売

追手門学院大学(大阪府茨木市、学長:川原俊明)はこのたび、茨木市にオープンする八百屋「夢広場」の運営に参画する。これは、D・A・E株式会社、岡山県鏡野町、茨木市、北おおさか信用金庫、津山信用金庫との連携事業の一環で、「産官学金」による地域創生事業として行われるもの。地域活性化に貢献する八百屋を目指して、岡山県鏡野町と茨木市の野菜を販売する。7月21日(土)には開業記念式典が行われ、翌22日(日)にグランドオープン。


 このたびオープンする「夢広場」は、岡山県と大阪府を結ぶ自社輸送便を持ち、小売経験のあるD・A・E株式会社と、産直野菜を供給する岡山県鏡野町と茨木市、岡山県北部と北大阪をそれぞれ営業エリアとする信用金庫、地域社会の活性化を学ぶ地域創造学部を持つ追手門学院大学の「産官学金」による地域創生事業。店内には鏡野町と茨木市のコーナーを設置し、それぞれの産地直送の農産品や鏡野町産の米や餅、蜂蜜等も販売。季節により産地の比率を変えながら、商品を取り揃えていく。
 追手門学院大学は、同大の北摂総合研究所とベンチャービジネス研究所が窓口となり、両研究所員を兼任する葉山幹恭講師(地域創造学部)と有志の学生13名がプロジェクトメンバーとして参加。学生らは、市場調査や開店後の店舗運営サポート、店舗のレイアウトや看板デザイン、情報発信等を請け負うほか、開業記念式典の準備運営も行う。

 「夢広場」は7月21日(土)に開業記念式典およびプレオープン、7月22日(日)にグランドオープン。21日の式典には各団体のマスコットキャラクターが集結するほか、鏡野町産の材料で作った「トマトスムージー」やポン菓子等の販売などでセレモニーを盛り上げる。

あわせて読みたい

Digital PR Platformの記事をもっと見る 2018年7月14日のリリース記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。