敬愛大学生涯学習センター「夏のキッズ講座」が盛況のうちに終了 -- 大学生や社会人が学んでいるキャンパスに子どもたちの元気な声が響く

敬愛大学生涯学習センター「夏のキッズ講座」が盛況のうちに終了 -- 大学生や社会人が学んでいるキャンパスに子どもたちの元気な声が響く
敬愛大学(千葉市稲毛区)生涯学習センターでは、さまざまな年齢層の人々を対象とした講座を年間400以上開講している。子どもたちが夏休みを迎えるこの時期には毎年、「夏のキッズ講座」を開催。今夏は全9講座を開講したが、ほぼ全ての講座が満員でキャンセル待ちとなる大盛況だった。


 今年度の「夏のキッズ講座」は、夏休み開始1週間前の7月14日の7講座からスタートした。
 一番人気は「ひらりん先生の科学工作教室」で、「振動を科学する」をテーマとした3時間の講座で回転モーターと振動モーターの違いを学び、振動モーターを使った動くおもちゃの製作に挑戦。完成したおもちゃを使ったレースには歓声が上がった。
 また、クレイクラフトのクラスではプロ仕様のソフト粘土を使って、ひとつずつ手作りしたフルーツやアイスクリームを盛りつけたフルーツパフェを制作。石けん作りのクラスでは、ペットボトルを使って子どもでも安全なせっけん作りを体験し、カップケーキに見立てたオリジナルの石けんを作った。
 そのほか低学年向けにはバルーンアートの講座を実施。どのクラスも子どもたちが世界に1つしかない作品を講師や家族と一緒に作りあげた。

 8月7日は、アルミボトルとガラスビーズを用いて簡単な顕微鏡を作製する「田口教授の理科教室」を実施。子どもたちは身近な道具を活用した顕微鏡に驚きながら、タマネギやムラサキツユクサの切片をセットした「マイ顕微鏡」に大喜びしていた。「夏休みの自由研究にぴったりです」といった感想も寄せられた。...続きを読む

あわせて読みたい

Digital PR Platformの記事をもっと見る 2018年8月10日のリリース記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。