追手門学院大学の学生が3月17日に「第3回 ネパールチャリティーフットサル大会」を開催 -- 世代を超えた約200人の地域住民・大学生が集結

追手門学院大学(大阪府茨木市、学長:川原俊明)は3月17日(日)に、「第3回みんな集まれ!最大200人によるBIGフットサル大会―ネパールチャリティフットサル大会―」を開催する。これは、同大の学生有志がネパールの子ども達への継続的な支援を目的に企画したもの。大会の参加費を支援金とし、集まった支援金は、ネパール・バクタプール市にあるケアハウス「ネパール子供開発協会」の子どもたちの支援にあてられる。


 この大会は、2015年のネパール大地震への支援活動をきっかけに、継続的な支援を目指したイベントとして、2017年2月に学生有志が集まってスタートさせたフットサルを活用したチャリティーイベント。第1回大会は140名、第2回大会では160名と年々参加者を増やし、今年は200名を目標にイベントを拡大する。

 このフットサル大会は、募金などで直接的にお金を提供する「重く受け止め行動する支援」ではなく、スポーツを楽しむことを通じて「より多くの人が参加しやすい支援」を目指して、大会への参加費を支援金としている。第1回、第2回大会の支援金は、ネパールの子ども達がサッカーをするための経費や大会開催資金として集められたが、今回はネパールのバクタプール市にあるケアハウス「ネパール子供開発協会」の子ども達の生活支援にあてられる。

◆第3回 みんな集まれ!最大200人によるBIGフットサル大会
―ネパールチャリティフットサル大会―

あわせて読みたい

Digital PR Platformの記事をもっと見る 2019年3月14日のリリース記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。