追手門学院大学が6月22日に新図書館開館記念セミナーを開催 -- 全国初 小中高大共通の電子図書館サービスを導入、学院全体で進めるICT教育を紹介

追手門学院大学(大阪府茨木市、学長:川原俊明)は6月22日(土)に、新図書館開館記念セミナー「図書館の中に教室がある―追手門学院大学・新図書館ALUMNI LIBRARY(アラムナイ・ライブラリー)」を開催。「紙の図書」と「電子図書」を融合させた先進的な図書館システムとそれによって実現する教育の質的向上について紹介するほか、図書館の見学会を実施する。


 学校法人追手門学院は今春、茨木総持寺キャンパスを開設。大学の全学部1年次生と地域創造学部、国際教養学部が移転したほか、追手門学院中・高等学校が全面移転した。

 同学院はこれを機に、今春より小中高大で電子図書館サービス「LibrariE(ライブラリエ)」を導入。小中高大で共通の電子図書館サービスを導入したのは全国初だという。
 それに加え、小学3年生以上はMicrosoft SurfaceGO、中学生はiPad、高校生は富士通文教モデル(S-tab)、大学生は富士通LIFEBOOK UHシリーズと1人1台デバイスを持つことで、電子図書やデータベース等の電子情報資源を学習に活用する環境を整えている。

 さらに、大学棟「アカデミックアーク」内の図書館「アラムナイ・ライブラリー」では、電子図書の本文検索ができるディスカバリーサービス「EBSCO Discovery Service(EDS)」を導入。これまで発見できなかった適合文献の検索性が高まることで、教育の質的向上が期待される。今後は、中学校・高等学校にも同様のサービスを導入していく予定。

あわせて読みたい

Digital PR Platformの記事をもっと見る 2019年6月19日のリリース記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。