【成蹊大学】鳥飼 玖美子氏による講演会「英語教育改革を考える -- 異文化コミュニケーションの視点から」を開催

【成蹊大学】鳥飼 玖美子氏による講演会「英語教育改革を考える -- 異文化コミュニケーションの視点から」を開催
成蹊大学(東京都武蔵野市、学長:北川浩)は、2019年7月13日(土)、鳥飼 玖美子氏による講演会「英語教育改革を考える―異文化コミュニケーションの視点から」を開催します。参加無料、要予約。


 日本では英語教育改革が1989年から継続して行われています。その主たる目的は、英語を話せない日本人を「話せるようにする」ことにあり、会話偏重の英語教育がずっと行われてきました。それが行き着いた先が、高大接続の名の下に断行された新大学共通テストにおける英語に民間試験を導入する方針です。
 本講演では、英語教育改革の歴史を概観し、なぜ効果を上げないのかを検証した上で、「英語の4技能」を大学入試で測定することは必要なのかを問います。対案として、異文化コミュニケーションを目的とする国際共通語としての英語の指導を提案します。


 なお、この講演会は、成蹊大学文学部で教鞭を執られた故・中島和先生の御遺志に基づく中島基金の援助を受けて実施されます。

・タイトル:「英語教育改革を考える―異文化コミュニケーションの視点から」
・講師:鳥飼 玖美子
・日時:2019年7月13日(土)午後2時-3時半(10分ほどの質疑応答含む)
・会場:成蹊大学 本館大講堂
・参加費:無料、要予約。予約は以下URLより。
 https://bit.ly/2wVM0Oz
・主催:文学部 英語英米文学科
・本講演に関するお問い合わせ先:0422-37-3640 (成蹊大学文学部共同研究室)

あわせて読みたい

Digital PR Platformの記事をもっと見る 2019年6月24日のリリース記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。