創価大学がTICAD7ポストイベント「SDGsとアフリカ -- 価値創造で共にひらくアフリカの未来」を開催しました

創価大学がTICAD7ポストイベント「SDGsとアフリカ -- 価値創造で共にひらくアフリカの未来」を開催しました
創価大学(東京都八王子市/学長:馬場善久)は、第7回アフリカ開発会議(TICAD7)の連携事業として、9月1日(日)にパシフィコ横浜・会議センターで、シンポジウム「SDGsとアフリカ―価値創造で共にひらくアフリカの未来」を開催しました。
このシンポジウムは、創価大学開学50周年にあたる2021年に向けた周年事業の一環で、国連「持続可能な開発目標(SDGs)」の推進に寄与することを目指しています。一般社団法人アフリカ開発協会(AFRECO)の後援のもと実施しました。


 午前中に「平和」「人権」「環境・開発」の3つの分科会が開催され、午後にはシンポジウムを行いました。
 馬場善久学長は、創価大学は「創造的な世界市民」の育成を教育目標に掲げ、教育・研究等の取り組みを通して、SDGsの達成と「誰も置き去りにしない」という地球社会の実現に貢献することに言及しました。さらに、創立者池田大作先生がかねてより「21世紀はアフリカの世紀」と展望されたことに触れ、創価大学がこれまでアフリカの9カ国13大学と学術交流協定を結び、約400名の学生交流を行ってきたことについて述べました。
 続いて、ザンビア共和国のンディヨイ・M・ムテイテイ駐日大使、ジンバブエ共和国のタイタス・M・J・アブーバスツ駐日大使が基調講演に登壇しました。
 パン・アフリカン友好会による歓迎演目、創価大学とアフリカの大学と協同しているプロジェクト(PLANE3T Project ※1)の発表、午前の分科会を受けた学生によるテーマ別の学生によるプレゼンテーションの後に、国際熱帯木材機関(ITTO)のゲァハート・ディタレ事務局長らによるパネルディスカッションも行われ、閉幕しました。

あわせて読みたい

Digital PR Platformの記事をもっと見る 2019年9月5日のリリース記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら