共栄大学国際経営学部・伊藤ゼミの学生がTVアニメ『邪神ちゃんドロップキック』とタイアップした「邪神ツアー公式ガイドブック」を制作 -- JR東海ツアーズとの産学連携第一弾
拡大する(全1枚)
共栄大学(埼玉県春日部市)と株式会社ジェイアール東海ツアーズ(本社:東京都中央区/以下JR東海ツアーズ)は7月25日に、旅行商品の企画を協働で実施するなどとした産学連携協定を締結。その第一弾として、国際経営学部の伊藤大河専任講師のゼミが、9月25日に発売したTVアニメ『邪神ちゃんドロップキック』とJR東海ツアーズがタイアップした旅行商品「邪神ちゃんの舞台神保町探訪」の付属品「邪神ツアー公式ガイドブック」(聖地巡礼マップ)を制作した。


 国際経営学部の伊藤大河専任講師のゼミでは「メディアとサブカルチャー」をテーマに、アニメーションと経済・経営・地域創生などに関して、アクティブラーニング(現場体験)を通じて学んでいる。

 コンテンツツーリズムの中でも、特にアニメのファンが作品に登場する現地を訪れ物語を追体験する観光行動、いわゆる「聖地巡礼」は近年ブームとなっており、地域の活性化にもつながっている。
 これまでにも、アニメのコラボ企画や制作協力などに携わってきた同ゼミは今回、JR東海ツアーズと連携してTVアニメ『邪神ちゃんドロップキック』の聖地巡礼マップ「邪神ツアー公式ガイドブック」を制作。観光ビジネスを専攻する学生と教員のノウハウを生かして、同作品に登場する神保町・秋葉原(東京都千代田区)エリアの現地を取材し、各店舗などの協力を得て、ガイドブックを完成させた。
 旅行商品「邪神ちゃんの舞台神保町探訪」には神保町・秋葉原エリアの店舗などで使えるセレクトクーポンも付いており、アニメに登場した場所の写真を撮ることだけを目標としていた周遊形態の聖地巡礼から、観光スポットや飲食店への「立ち寄り型」に誘導することによって、地域に貢献することを目指している。