白鵬女子高等学校の生徒らがスポーツで活躍 -- 陸上部が全国高校女子駅伝3年連続出場、テコンドーや水球で2020東京五輪を目指す生徒・教諭も在籍

白鵬女子高等学校の生徒らがスポーツで活躍 -- 陸上部が全国高校女子駅伝3年連続出場、テコンドーや水球で2020東京五輪を目指す生徒・教諭も在籍
大学通信から中学・高校のニュースリリースをお送りします。


白鵬女子高等学校(横浜市鶴見区)はスポーツの部活動が盛んで、毎年多くの競技で高い実績を残しており、今秋も体操部やフィギュアスケート部が、全国大会へ出場したり、インターハイへの出場を決定したりするなどしている。その中でも陸上部は、11月に行われた神奈川県駅伝大会において3連覇を達成し、12月22日に行われる全国高校女子駅伝への出場を果たした。また、テコンドーの村上智奈さん(2年生スポーツコース)や、水球の三浦里佳子教諭(保健体育科)が、来年の2020東京五輪を目指している。


■陸上部が全国高校女子駅伝に3年連続で出場
 11月2日、白鵬女子高校の陸上部は「第36回 神奈川県高等学校駅伝競走大会」において接戦を制して優勝した。同大会3連覇の達成となり、12月22日(日)に京都で開催される「全国高等学校駅伝競走大会」への出場も決定。3年連続13回目の出場は、神奈川県最多となる。
 また、来年1月12日(日)に行われる「全国都道府県対抗女子駅伝競走大会」には、3年生の小谷真波さん、下里芽依さん、2年生の村田楓佳さんらが神奈川県代表として選出されている。


■2020東京五輪を目指す白鵬女子の選手たち
 来年夏には東京オリンピック・パラリンピックが開催されるが、白鵬女子高校にも同大会を目指す選手が在籍している。
 2年生スポーツコースの村上智奈さんは、全日本テコンドー協会の指定強化選手となっている。3歳からテコンドーを始め、近年は「全日本テコンドー選手権大会」「全国少年少女選抜テコンドー選手権大会」などで優勝。7月に行われた「JOCジュニアオリンピックカップ 第12回 全日本ジュニアテコンドー選手権大会」でも、キョルギ種目の高校生女子-46kg級で昨年に続き優勝を飾っており、同月の「第10回 アジアジュニアテコンドー選手権大会」ではベスト8という成績を残している。 

あわせて読みたい

Digital PR Platformの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月20日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。