建設現場用「アバターシステム」の共同開発を開始 --建設現場におけるテレワーク化の実現--

建設現場用「アバターシステム」の共同開発を開始 --建設現場におけるテレワーク化の実現--
拡大する(全2枚)
川田工業(本社:富山県南砺市、代表取締役社長 川田 忠裕)、芝浦工業大学(東京都港区/学長 村上雅人)工学部電気工学科 安孫子聡子教授、川田テクノロジーズ(東証一部3443、本社:富山県南砺市、代表取締役社長 川田 忠裕)の三者は、建設現場の品質・出来形管理業務等を効率化するため、建設現場のテレワーク(*3)化に向けたアバターシステム(図1、図2参照)の共同開発を開始しました。

アバターシステムは、移動型作業ロボット(カワダロボティクスが製造販売する「NEXTAGE(*4)」を改良開発)、遠隔操作端末、ロボットが扱う計測器等を高速通信で連結したシステムであり、操作者、現場職員、店社職員、そして発注者等がインタラクティブ(*5)に情報共有しながら種々の品質・出来形データの取得や、現地職員との協働作業などを可能にします。

共同開発の分担は、川田テクノロジーズがアバターシステムの基本設計、芝浦工業大学安孫子聡子教授(工学部電気工学科 宇宙ロボットシステム研究室)がロボット用遠隔操作装置の開発、そして川田工業が橋梁工事向けのアプリケーションの開発と現場実証試験を担います。

川田グループは、共同開発で培ったICTやRTに係わる技術を主力事業に活用するだけでなく、建設業界でのテレワークの実装を加速させ、将来の現場運営の在り方やWithコロナの時代の働き方改革を提案していきます。


【ポイント】
● 川田工業株式会社は、芝浦工業大学などと建設現場用アバターシステム(*1)の共同開発を開始。

この記事の画像

「建設現場用「アバターシステム」の共同開発を開始 --建設現場におけるテレワーク化の実現--」の画像1 「建設現場用「アバターシステム」の共同開発を開始 --建設現場におけるテレワーク化の実現--」の画像2

当時の記事を読む

Digital PR Platformの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

総合ランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月5日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。