フローアブルな吸収性局所止血材 (医療機器)「フロシール」の製造販売承認を取得

フローアブルな吸収性局所止血材 (医療機器)「フロシール」の製造販売承認を取得
バクスター株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役会長兼社長:ジェラルド・リマ)は、2014年2月28日付けで厚生労働省より、ヒトトロンビン含有ゼラチン使用吸収性局所止血材「フロシール」の製造販売承認を取得しました。日本においては、日本メドトロニック株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:島田隆)が本製品を独占的に販売する契約をバクスターと締結しており、今後、当製品販売に向けた体制の整備を両社で進めて参ります。

「フロシール」は、架橋ゼラチン粒子(ウシ真皮由来)iと乾燥ヒトトロンビンを原材料とした、吸収性局所止血材(医療機器)です。結紮(けっさつ)又は通常の処置による止血が無効、又は実施できない場合の手術時(眼科以外)の止血に補完的に用いられます。
「フロシール」は血液との接触により、架橋ゼラチン粒子が、膨張して出血を減らすタンポナーデ効果を発揮し、さらにヒトトロンビンが患者さん自身のフィブリン形成を促進して止血を補助します。フローアブル*な特性により不規則な創面にも適用でき、一方で、凝血塊に取り込まれなかった余剰分は洗浄除去することが可能です。凝血塊に取り込まれた「フロシール」は6~8週間で体内に吸収されます。

*粘稠性流動体

このたびの承認を受け、当社では今秋の販売開始に向け準備を進めていく予定です。
バクスターは、外科手術での新たな止血の選択肢を医療現場に提供し、患者さんの生命と健康の維持に貢献していけるよう努めて参ります。

あわせて読みたい

Digital PR Platformの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年3月10日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。