人気ハンサム俳優ブラッドリー・クーパー、かつての酒とドラッグの悪癖を暴露!

人気ハンサム俳優ブラッドリー・クーパー、かつての酒とドラッグの悪癖を暴露!
ブラッドリー・クーパー

日本でも人気を博したドラマ『特攻野郎Aチーム』。同作の映画版『特攻野郎Aチーム THE MOVIE』で色男キャラのフェイスを演じたブラッドリー・クーパーは、映画『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』でブレイクし、昨年は米ピープル誌が選出する「最もセクシーな男」の栄冠を獲得。30代後半にして人気ハンサム俳優の名をほしいままにしている。しかし、少し前の20代までは『ハングオーバー!』さながらに酒癖が悪く、ドラッグも常用していたようだ。

ブラッドリーは、米The Hollywood Reporterのインタビューでこの過去の悪癖を暴露。「パーティーに出て、自分の頭をわざとコンクリートに打ちつけた。見ろよ、俺ってタフだろ?って感じでね」。しかも、血まみれになってもやめようとしなかったといい、当然の結果として、何針も縫う大けがを負ったという...。そりゃそうだ...。

「今は一切飲まないし、ドラッグにも無縁」というブラッドリーは、29歳でそうした生活からきっぱり足を洗ったそう。遅咲きのイケメン俳優は、完全にシラフになったことで得られたことは計り知れないと語っている。

「最もセクシーな男」に選ばれた時も、自信をのぞかせるというより遠慮がちだったのも、こうした過去があるからかもしれない。「みんなが自分のことをどう思うか、とても心配だった。こんな経歴があるんだからね。本当に、自分の人生をぶち壊しにしてしまうところだった。心底危なかった」と胸中を明かした。

クリーンになったことでキャリアも一転したブラッドリーは、今後も次々と話題作に出演する。熱愛が報じられたゾーイ・サルダナ(『アバター』他)と共演した映画『The Words』はアメリカで間もなく公開。『ハングオーバー』シリーズ第3弾も撮影中だ。(海外ドラマNAVI)

Photo:ブラッドリー・クーパー
(c)Megumi Torii/www.HollywoodNewsWire.net

元の記事を読む

あわせて読みたい

海外ドラマNAVIの記事をもっと見る 2012年9月7日の海外セレブ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。