『ロード・オブ・ザ・リング』『ホビット』のピーター・ジャクソンが、『ドクター・フー』のエピソードを監督することに乗り気!

『ロード・オブ・ザ・リング』『ホビット』のピーター・ジャクソンが、『ドクター・フー』のエピソードを監督することに乗り気!
ピーター・ジャクソン

映画『ロード・オブ・ザ・リング』三部作や『キング・コング』を世に送り出し、現在は『ホビット』三部作の製作を進めているピーター・ジャクソン監督。その彼が、イギリスの人気ドラマ『ドクター・フー』のエピソードの監督をすることに乗り気だ。

このことが明らかになったのは、『ドクター・フー』で現在11代目ドクターを演じる主演のマット・スミスが、ニュージーランドの新聞The Waikato Timesのインタビューでこう語ったのがきっかけだ。「『ドクター・フー』の撮影地として(ニュージーランドは)素晴らしいところだと思うんだ。美しいところで、イングランドにかなり似てるらしいね」

「ピーター・ジャクソンに監督を依頼して、ニュージーランドでロケしたい。ずーっと言い続けていくつもりだよ。あそこにはすごい映画業界があるみたいだし、とても興味がある。あとはプロデューサーたちが納得して、僕たちを現地に行かせてくれるかどうか、それだけだよ」

こうしたマットの熱烈ラブコールに、同紙がジャクソン監督へコメントを求めたところ、「僕は『ドクター・フー』の大ファンなんだ。マットはすごい俳優だと思う。時間と場所を言ってくれたら、すぐに飛んでいくよ!」と、びっくりするほど快い返事がかえってきた。

実は、ジャクソン監督は以前にも『ドクター・フー』の大ファンであることを公言しており、本作で7代目ドクターを演じたシルベスター・マッコイの衣装も所有しているのだとか(ちなみに、マッコイ本人は『ホビット』に出演する)。また、『ドクター・フー』製作総指揮のスティーブン・モファットは、ジャクソンが製作に携わった映画『タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密』で、脚本に参加したこともある。

さらに、『ドクター・フー』は第6シリーズ、そして現在英米で放送中の第7シリーズでもアメリカロケを敢行しており、「ニュージーランドのロケ」も決して非現実的な話ではない。これはひょっとしたら実現するのかも!(海外ドラマNAVI)


Photo:ピーター・ジャクソン
(c)Ima Kuroda/www.HollywoodNewsWire.net

元の記事を読む

あわせて読みたい

海外ドラマNAVIの記事をもっと見る 2012年9月23日の海外セレブ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。