『glee』、またしてもアーティストの曲を無断使用か!?

『glee』、またしてもアーティストの曲を無断使用か!?
glee

昨年9月から放映されているシーズン4も相変わらず好調な大人気ミュージカルドラマ『glee/グリー』。しかし、シーズン4の第11話で使用する楽曲が、またしてもアーティストからの許可を得ていない可能性があることが発覚した。

米zap2itによると、無断で使用されたとされるのは、2005年にリリースされたジョナサン・コールトンの「Baby Got Back」。この曲は元々、1992年に大ヒットしたサー・ミックス・ア・ロットのラップソングだが、ジョナサンが覚えやすく軽やかなメロディを付け、まったく違うアレンジのカバー曲となっている。

『glee』がこのジョナサンバージョンをコピーしているのは、オリジナルの歌詞にはない、ジョナサン本人を意味する"Johnyy C"という歌詞が含まれていることから明らかだという。さらに、ジョナサンが歌う「Baby Got Back」には、途中アヒルがガーと鳴くような声がサウンドの一部として挿入されているが、その鳴き声が『glee』バージョンにも聞こえているという。

ジョナサンは自身のブログで、「僕はカバー曲を発表する際、オリジナルのメロディを作曲し、独自のサウンドを生み出した。僕のオリジナルの象徴ともいえるアヒルの鳴き声が、『glee』バージョンのバックサウンドで確かに聞こえたんだ。これは、僕のサウンドをそのまま無断で流していることになる」と、『glee』の製作サイドやFOXからは何の連絡もないまま楽曲を使用されたと主張。現在、弁護士が著作権問題に該当するのかどうか調査中だという。

『glee』は以前も、グレッグ・ラスウェルバージョンの「Girls Just Want To Have Fun」しか許可を得ず、本家本元のシンディ・ローパー側からは許可を取り忘れるという失敗をしている。グリーのメンバーのパフォーマンスが素晴らしいだけに、大きな問題とならないことを願いたい。(海外ドラマNAVI)

Photo:『glee/グリー』
(c)2012-2013 Fox and its related entities. All rights reserved.

元の記事を読む

あわせて読みたい

海外ドラマNAVIの記事をもっと見る 2013年1月22日の海外セレブ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。