『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』チャーリー・ハナム、恋人はグレイ役についてどう思っている!?

『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』チャーリー・ハナム、恋人はグレイ役についてどう思っている!?
チャーリー・ハナム

世界的なベストセラーとなったE.L.ジェームズの官能小説『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』の映画版の主役に、『パシフィック・リム』、『サン・オブ・アナーキー』のチャーリー・ハナムが決定したことは当サイトでもお伝えしたとおり。この決定に抗議した原作ファンが、配役の変更を求めて署名運動を繰り広げたりと、何かとお騒がせな話題作だ。そんななかチャーリーが、相手役のダコタ・ジョンソンや、キワどいシーンが多いグレイ役を演じることに、彼の恋人がどう思っているかについて語っている。

米Peopleによると、『サン・オブ・アナーキー』のシーズン6のプレミア・パーティーでインタビューに応じたチャーリーは、原作を読んだあと、サム・テイラー=ジョンソン監督と会い、グレイ役に興味を持ったものの、契約するにはそれ以上の確信がほしかったと語っていたという。

「監督のお気に入り候補だったダコタと、台本の読み合わせをすることにしたんだ。読み合わせの部屋に入った時、すぐにこの役をやりたいと思った。ダコタとは目に見えるような化学反応を感じたんだ。抗しがたいほどワクワクする感じだったよ」と、相手役のアナスタシアに抜擢されたダコタとの相性が、出演を決める決定打となったようだ。

本作では倒錯した性の世界が描かれるだけに、必然的にチャーリーはキワどいシーンを演じることになる。彼と6年交際している恋人、ジュエリーデザイナーのモルガナ・マクネリスさんは、グレイ役についてどう思っているのだろうか? 「二人で話し合って決めたことなんだ。彼女は原作のファンで、このチャンスを喜んでくれているし、僕たちの絆ももっと強くなったと思うよ」と、恋人はいたって協力的のようだ。

18歳の時に同性愛ドラマ『Queer as Folk』で、男優と激しいラブシーンを演じたこともあるチャーリー。33歳になった今、女優とのキワどいシーンなど、もしかして気にするほどのことではないのかも!?

『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』は、本国で2014年8月に公開予定だ。(海外ドラマNAVI)

Photo:チャーリー・ハナム
(c)Izumi Hasegawa/www.HollywoodNewsWire.net

元の記事を読む

あわせて読みたい

海外ドラマNAVIの記事をもっと見る 2013年9月11日の海外セレブ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。