サム・メンデス手がける『Penny Dreadful』のキャストが続々と決定! 『007』歴代出演者のほか、『ドクター・フー』のビリー・パイパーも参加

サム・メンデス手がける『Penny Dreadful』のキャストが続々と決定! 『007』歴代出演者のほか、『ドクター・フー』のビリー・パイパーも参加
サム・メンデス

『007 スカイフォール』の監督サム・メンデスと脚本家ジョン・ローガンが再びタッグを組んで手がける米Showtimeの新作ドラマ『Penny Dreadful』。本シリーズは、ゴシック小説『フランケンシュタイン』『ドラキュラ』『ドリアン・グレイの肖像』のキャラクターたちがビクトリア王朝時代のロンドンに登場するエロティック心理ホラーだ。現在、出演者が続々と発表されている。

興味深いのは、『007』シリーズの歴代キャストが3人も抜擢されていること。その顔ぶれは、4代目ジェームズ・ボンドのティモシー・ダルトン、『カジノ・ロワイヤル』でボンドガールを演じたエヴァ・グリーン、『慰めの報酬』からMの補佐を務めるタナー役を続投しているロリー・キニア。さらにうれしいことに、『ドクター・フー』で初代コンパニオンのローズを演じたビリー・パイパーの参加も決定している。

エヴァの役どころは、謎と危険に満ちた魅惑的で侮りがたい美女バネッサ・アイブス。ティモシーは探検家のマルコム卿を、ロリーはミステリアスで呪われた人物(役名未定)を演じるそうだ。そしてビリーは、暗い過去から逃れるために、アイルランドからロンドンへやって来たブロナ・クロフト嬢に扮する。

この4人のほかにも、『ドリアン・グレイの肖像』の主人公ドリアンにミュージシャンで俳優のリーヴ・カーニーが、フランケンシュタイン博士にイケメン俳優のハリー・トレッダウェイ(映画『ロンドンゾンビ紀行』)が抜擢された。また、SMAPの木村拓哉も出演した映画『アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン』で刑事クラインを演じたジョシュ・ハートネットも、暗黒の世界にとりつかれたイーサン・チャンドラー役で出演するという。

豪華キャストを集結させ、メンデス監督の力作となりそうな本作は、2014年にShowtimeと英Sky Atlanticで放送予定だ。ちなみにビリーは、今年11月にイギリスで放送される『ドクター・フー』50周年記念エピソードでローズ役を再演することが決定している。(海外ドラマNAVI)

Photo:サム・メンデス
(c)Megumi Torii/www.HollywoodNewsWire.net

元の記事を読む

あわせて読みたい

海外ドラマNAVIの記事をもっと見る 2013年9月18日の海外セレブ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら