ライアン・マーフィーが明かす『Glee』コーリーの急死でお蔵入りとなった幻のエンディングとは?

ライアン・マーフィーが明かす『Glee』コーリーの急死でお蔵入りとなった幻のエンディングとは?
コーリー・モンテース

2014年にシーズン6をもって放送を終了することが決まっている、大人気ミュージカルドラマ『Glee/グリー』。クリエイターのライアン・マーフィーはフィナーレの構想を温めていたが、フィン役を演じていたコーリー・モンテースの突然の死に見舞われ、当初のプランは大きく変更を余儀なくされた。そしてこのほど、この実現しなかったエンディングの内容が明らかにされた。

【関連コラム】〈コーリー・モンテース追悼〉『glee』撮影現場、ある1日の回想...

このオリジナル・プランでは、レイチェルがブロードウェイで大成功を収め、ミュージカル界のスターになることを想定していたという。一方、地元オハイオに残ったフィンは、母校マッキンリー高校の教師となり、グリークラブ顧問として充実した日々を送っている。地元を愛する大人へと成長し、自分の生き方に自信を見出したのだ。そんな彼が率いるグリークラブにレイチェルが、ある日突然姿を現す。人生の夢を叶えたにも関わらず、レイチェルは何かしら満たされない思いを抱いていたのだ。「こんなところで何してるんだ?」と驚くフィンに、「私、帰ってきたの」とつぶやくレイチェル。2人がフェードアウトし、物語は終わる...という感動的な内容だ。

このエンディングはマーフィーがコーリー追悼の挨拶の中で参列者に明らかにしたもので、今回、その追悼文が初めて公にされた。その中でマーフィーは、フィナーレをフィンとレイチェルのドラマで締めくくるつもりだったと明かし、この構想がいつも自分を「北極星のように」導いてくれたと述べている。


あわせて読みたい

海外ドラマNAVIの記事をもっと見る 2013年12月27日の海外セレブ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら