『HOMELAND』キャリーの父親役、ジェームズ・レブホーンが65歳で死去

『HOMELAND』キャリーの父親役、ジェームズ・レブホーンが65歳で死去
『HOMELAND』

大ヒット・サスペンス『HOMELAND』で主人公キャリーの父親役や、『ホワイトカラー』のFBI捜査官などを演じ、名脇役として知られるジェームズ・レブホーンが皮膚ガンにより、65歳で亡くなった。

【関連特集】賞レース総ナメの超話題作、『HOMELAND/ホームランド』に迫る!

エージェントが米The Hollywood Reporterに明らかにしたところによると、ジェームズは1992年にメラノーマ(悪性黒色腫)であるとの診断を下されていたという。それ以来、長く闘病を続けてきたが、ここに来て容態が悪化したため、10日ほど前からニュージャージー州の自宅でターミナル・ケア(終末期医療)を受けていた。ジェームズはそのまま家族に見守られながら、金曜の午後、静かに息を引き取ったという。

半世紀におよぶ俳優歴を通じて、ジェームズは『いとこのビニー』『セント・オブ・ウーマン/夢の香り』『インデペンデンス・デイ』など、幅広いジャンルの映画やブロードウェイ作品、舞台劇に出演。知的な風貌を生かし、判事や政府高官、富豪、医師や教育者といったWASP的な役柄を十八番とする一方、『リプリー』などで演じた厳格な父親役も得意とした。またTV作品では、『LAW & ORDER/ロー・アンド・オーダー』で冷酷なシリアルキラー役に挑戦して新境地を開拓し、後に弁護士というまったくの別人役で同番組への再登場を果たしたほか、『となりのサインフェルド』『30 ROCK/サーティー・ロック』などの人気シットコムにも出演。米USAネットワークのヒットシリーズ『ホワイトカラー』では「ホワイトカラー犯罪ユニット」のトップ、特別捜査官リース・ヒューズ役、近作『HOMELAND』では娘と同じく双極性障害に苦しむ父親フランク・マティソンに扮し、サスペンス・ドラマに奥行きを加えた。


あわせて読みたい

海外ドラマNAVIの記事をもっと見る 2014年3月25日の海外セレブ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。