人気ロックバンドのコールドプレイ、『ゲーム・オブ・スローンズ』をパロったミュージカルの楽曲を作曲!

人気ロックバンドのコールドプレイ、『ゲーム・オブ・スローンズ』をパロったミュージカルの楽曲を作曲!
ゲーム・オブ・スローンズ

奇数年の3月の第2または第3金曜日は、「Red Nose Day」と呼ばれるチャリティーの日。そこで米NBCが、貧困に生きる世界の子供達を支援する特別番組を製作して、5月21日に放送。番組内で、人気ロックバンドのコールドプレイが手掛けた『ゲーム・オブ・スローンズ』をパロったミュージカルナンバーが、キャストによって披露され話題を呼んだ。米BROADWAY.COMが伝えている。


【関連記事】お子様は対象外!ついに日本初上陸する『ゲーム・オブ・スローンズ』は大人がじっくり楽しめる重厚なファンタジードラマ


七王国が玉座を巡って熾烈な戦いを繰り広げる大河ファンタジードラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』は登場人物が多く、シーズンごとにメインキャラクターが殺されたり、登場人物の入れ替わりが激しい。そんな、劇中で命を落としたキャラクターへのトリビュートとして、コールドプレイが作曲した「A Man for All Seasons」をティリオン・ラニスター役のピーター・ディンクレイジが熱唱。そして、デナーリス・ターガリエン役のエミリア・クラークは、シリーズをパロディにしたレゲエ風のナンバー「Rastafarian Targaryen」を歌い、ジェイミー・ラニスター役のニコライ・コスター=ワルドーは、ピアノの弾き語りでメローな「Closer to Home」を録音。


さらに、ミュージカルナンバーのメイキングシーンでは、コールドプレイのクリス・マーティンが弾くピアノに合わせて、キット・ハリントン(ジョン・スノウ役)やリチャード・マッデン(ロブ・スターク役)、アルフィー・アレン(シオン・グレイジョイ役)にジョン・ブラッドリー(サムウェル・ターリー役)といったメインキャストが集結して大合唱を繰り広げた。


あわせて読みたい

海外ドラマNAVIの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年5月27日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。