レオナルド・ディカプリオ主演映画『レヴェナント:蘇えりし者』の作曲を坂本龍一が担当!

レオナルド・ディカプリオ主演映画『レヴェナント:蘇えりし者』の作曲を坂本龍一が担当!
坂本龍一、レオナルド・ディカプリオ(『レヴェナント:蘇えりし者』)

レオナルド・ディカプリオ主演最新作でオスカーの呼び声高い話題作『レヴェナント:蘇えりし者』の音楽を坂本龍一が手掛けることが決定した。


【関連記事】『デクスター』『デスパ』...気になる海外ドラマのオリジナルテーマ曲は?


実話からインスピレーションを受けた本作のメガホンを取るのは、『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』で2015年のアカデミー賞監督賞をはじめ最多4部門に輝いたアレハンドロ・G・イニャリトゥ。脚本はマイケル・パンクの小説に部分的に基づき、マーク・L・スミスとイニャリトゥが執筆する。一人の男のサバイバル・アドベンチャーと、人間の偉大な精神力を描く超大作だ。


1987年の映画『ラストエンペラー』でアカデミー賞オリジナル作曲賞を受賞したほか、『戦場のメリークリスマス』(83)や『リトル・ブッダ』(93)でも音楽を手掛けてきた坂本。イニャリトゥは2006年の『バベル』で坂本のオリジナル・アルバムの楽曲「美貌の青空」を使用していたが、タッグを組むのは今回が初となる。「やっと龍一と組むことができてうれしい」とイニャリトゥ。「彼は類まれな才能の持ち主で、私は長年にわたって彼の作品の大ファンだ」と話した。一方の坂本は、「今、世界で一番力のある監督と仕事をする機会を得て、これ以上に光栄なことはありません」とコメントしている。


作品の舞台はアメリカ西部の広大な未開拓の荒野。狩猟中に熊に喉を裂かれる重傷を負ったハンターのヒュー・グラス(レオナルド・ディカプリオ)は、狩猟チームメンバーの一人で親友のジョン・フィッツジェラルド(『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のトム・ハーディ)に置き去りにされてしまう。"生きる"という純然たる意志だけを武器に、グラスは大自然の脅威のなか、厳しい冬の寒さに耐えて、交戦中の部族の熾烈な襲撃を交わし、フィッツジェラルドに復讐を果たすため、約300キロの容赦ない旅を生き延びなければならない。果たして彼は、生き延びることができるのか!?


あわせて読みたい

海外ドラマNAVIの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「アン・ハサウェイ」のニュース

次に読みたい関連記事「アン・ハサウェイ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「トム・クルーズ」のニュース

次に読みたい関連記事「トム・クルーズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ジェニファー・ローレンス」のニュース

次に読みたい関連記事「ジェニファー・ローレンス」のニュースをもっと見る

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年10月13日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。