ホークとドミニクが28年ぶりに再会! 『超音速攻撃ヘリ エアーウルフ』アテレコ取材

ホークとドミニクが28年ぶりに再会! 『超音速攻撃ヘリ エアーウルフ』アテレコ取材
磯部勉と富田耕生

1980年代に人気を博したアクション・アドベンチャー『超音速攻撃ヘリ エアーウルフ』。同作のコンプリートブルーレイBOXが12月25日(金)に発売されることを記念したアテレコ取材が、10月9日に行われた。


【関連記事】タイムマシンde過去ドラマ『超音速攻撃ヘリ エアーウルフ』


このブルーレイでは、エアーウルフの戦いがオリジナル・フィルムからの完全HD化による高画質で甦る。さらに、DVD版では日本語吹替がなかった約1時間45分にも及ぶシーンにオリジナルキャストによる吹替を追加収録したコンプリート版だ。ストリングフェロー・ホーク役(ジャン=マイケル・ビンセント)の磯部勉とドミニク・サンティーニ役(アーネスト・ボーグナイン)の富田耕生が吹替の新録作業を行い、28年ぶりの名コンビぶりをアテレコで再現した。


磯部が「初めてのテレビシリーズで思い入れがある。当時の声は今と違って、とても若いので心配した」と話すと、富田は「全然問題なかった。いい声してたよ」と相棒として太鼓判を押した。富田はさらに、「僕は当時も今も老けた役だから、やりやすかった」と笑いを誘った。


さらに、ホークのパートナーであるケイリトン役(ジーン・ブルース・スコット)を演じた戸田恵子は、都合で欠席するもビデオレターを通じてコメント。「久々に作品を観て聴いて、自分の声の若さにびっくりしてしまいました。あんな可愛らしい時期もあったんだなと(笑)。磯部さんと富田さんは当時から存在感があり、さすがだなぁと思いました。磯部さんはクールでかっこいい役。ご自身の声もぴったり。富田さんとは絡むシーンが多く、当時ド新人の私を可愛がっていただいたのをよく憶えています」と述べている。


あわせて読みたい

海外ドラマNAVIの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年10月20日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。