【ネタばれ】『ゲーム・オブ・スローンズ』出演俳優、ネタばらし&暴言連発

【ネタばれ】『ゲーム・オブ・スローンズ』出演俳優、ネタばらし&暴言連発
イアン・マクシェーン

最新のシーズン6が来月スタートするファンタジー大作ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』。同シーズンで本作に出演することになったイアン・マクシェーン(『デッドウッド ~銃とSEXとワイルドタウン』)は、ネタばらし発言を繰り返して熱心なファンを憤慨させているが、本人はファンの反応をまったく気にしていないようだ。


【関連記事】『ゲーム・オブ・スローンズ』ファン大集合! 最新シーズン日本初上陸記念イベント


(以下は、本作のネタばれを含みますのでご注意ください)


自分の演じる役について、昨年後半からインタビューで度々触れているイアン。ニュースサイトPop Goes The Newsでは、「ヒントを言うと、二度と出てこないだろうと思われている人物を生き返らせる人物を演じるんだ」と話している。こうした発言を受けて、イアン本人が演じる役や、彼が蘇らせる人物について、メディアがさまざまな推測をする一方、ネタばらしに対する憤りの声も上がっている。


しかし、イアンはファンの反応をまったく気にしていない様子。英Telegraphに先日掲載されたインタビューでは、「何か一言口にしただけでインターネットは大騒ぎする。いいかげん大人になれよ、と思うよ。たかがおっぱいとドラゴンだろ」と言い放った。


それどころか、本作に出演した動機を訊かれたイアンは、新たな火種となりそうな返答をしている。「出演したいかと訊かれたんで、"もちろん、旧友のチャールズ・ダンス(タイウィン・ラニスター役)やスティーヴン・ディレイン(スタニス・バラシオン役)に会えるんだろ"と尋ねたんだ。そうしたら、"いや、彼らの演じる人物はもう死んだ"というじゃないか。きちんと役に取り組めるかどうか自信が持てなかったけれど、一話限りの出演だというから、"じゃあエピソードの最後で俺は死ぬんだな。それならやるよ"と引き受けたんだ」と話すイアン。これも、ネタばらしと取られそうだ。


『ゲーム・オブ・スローンズ 第六章:冬の狂風』の放送は"日米完全同時"となり、スターチャンネルにて4月25日(月)10:00よりスタートする。ファンとしては、あまりに豪胆なイアンの発言を大目に見ながら、放送を心待ちにするのがいいかもしれない。(海外ドラマNAVI)


Photo:イアン・マクシェーン
(C)Kazuki Hirata/HollywoodNewsWire.net

元の記事を読む

あわせて読みたい

海外ドラマNAVIの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年3月17日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。