『刑事ジョン・ルーサー』クリエイター、『太陽がいっぱい』のドラマ版制作へ

『刑事ジョン・ルーサー』クリエイター、『太陽がいっぱい』のドラマ版制作へ
『刑事ジョン・ルーサー』

英BBCの人気ドラマ『刑事ジョン・ルーサー』のクリエイターであるニール・クロスが、1960年に公開された映画『太陽がいっぱい』のTVシリーズを手掛けることが分かった。米Varietyが報じている。


【関連記事】イドリス・エルバ出演、Netflix劇場用映画初作品『ビースト・オブ・ノー・ネーション』キャリー・ジョージ・フクナガ監督に独占インタビュー


アラン・ドロンが主演を務めた『太陽がいっぱい』は、アメリカの人気作家パトリシア・ハイスミスの同名小説が原作。今回のTVシリーズは、伊エンデモル・スタジオ、米テレビジョン360、ハイスミスのエージェントだったスイスのDiogenesが共同制作する。主演は『刑事ジョン・ルーサー』のイドリス・エルバ。製作総指揮は、ガイモン・キャサディ(『スティーブ・ジョブズ 』)や、ベンジャミン・フォークナー(『パーフェクト・プラン』)が務める。


主人公、トム・リプリーを描いた小説シリーズは、1955年に出版された「リプリー」を皮切りに、「贋作」(1970年)、「アメリカの友人」(1974年)、「リプリーをまねた少年」(1980年)、「死者と踊るリプリー」(1991年)の全5作が執筆された。1作目の「リプリー(The Talented Mr. Ripley)」は、『太陽がいっぱい』と、マット・デイモン主演の『リプリー』として映画化されており、ほかにも2作目が『リプリー 暴かれた贋作』として、3作目は、『アメリカの友人』と『リプリーズ・ゲーム』としてそれぞれ映画化されている。


ハイスミスの小説は他にもいくつも映像化されており、アルフレッド・ヒッチコック監督の名作として知られる『見知らぬ乗客』や、最近ではケイト・ブランシェットルーニー・マーラが出演して第88回アカデミー賞で6部門にノミネートされた『キャロル』がある。(海外ドラマNAVI)


Photo:『刑事ジョン・ルーサー』
Amanda Searle(C)2010 BBC

元の記事を読む

あわせて読みたい

海外ドラマNAVIの記事をもっと見る 2016年3月30日の海外セレブ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら