ドナルド・トランプの大統領選での躍進は、リアリティ番組のおかげ?

ドナルド・トランプの大統領選での躍進は、リアリティ番組のおかげ?
ドナルド・トランプ

連日、日本でもニュースに取り上げられているアメリカ大統領選挙。11月に行われる本選に向けて各候補者が争いを繰り広げる中、共和党指名候補に確定した不動産王のドナルド・トランプがここまで票を伸ばすことができたのは、彼のリアリティ番組『アプレンティス/セレブたちのビジネス・バトル』のおかげだと関係者が発言したようだ。


【関連コラム】『アプレンティス』トランプおじさんとセレブな人たちって!?


『アプレンティス』はトランプがホストとプロデューサーを務めた、究極のビジネス・リアリティ番組。有名セレブたちが、"チャリティのためにカップケーキを作れ"、"ネットショッピングのイメージキャラクターを創作しろ"、"ホテルを経営して客を満足させろ"といったトランプからの困難な課題に挑戦していく内容だ。数多くの有名なハリウッドスターの名前が並ぶ、ハリウッド・ウォーク・オブ・フェームにトランプが仲間入りするほど、番組は大ヒットした。


米Varietyによると、『アプレンティス』の放送局である米NBCの番組編成部代表ポール・テレジーは、「番組なしでトランプは共和党の候補になれたか」と質問され、「もちろん、なれなかったでしょう」と答えたという。


テレジーはさらに、「ここ数ヵ月で起きたことに我々が惹きつけられていることは、皆さんにもお分かりいただけるでしょう。とても奇妙なことです。彼が共和党指名候補になったんですからね。共和党内での彼に対するデモが実を結ばなければ、我々TV番組の誰かが多大な責任を取ることになるかもしれません。番組の中で彼が見せた人格は、本来の彼のままだと思います。だから、現在選挙で彼が立たされている立場は、彼の近くにいた人物にとっては驚くことではないですね」と続けている。


指名候補に選出された一方で、大きな反感を買っているトランプ。オスカー女優ジェニファー・ローレンス(『ハンガー・ゲーム』)は「彼が大統領になったらこの世の終わり」と発言したほどだ。ハリウッド・ウォーク・オブ・フェームに刻まれた彼の名前も、撤去を求める署名活動が行われている。(海外ドラマNAVI)


Photo:ドナルド・トランプ
(C)Richard Buxo/www.HollywoodNewsWire.net

元の記事を読む

あわせて読みたい

海外ドラマNAVIの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年5月27日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。