『グレイズ・アナトミー』ジェシカ・キャプショー、"相方"サラ・ラミレスの降板についてコメント!

『グレイズ・アナトミー』ジェシカ・キャプショー、"相方"サラ・ラミレスの降板についてコメント!
ジェシカ・キャプショー

米ABCの大ヒット医療ドラマ『グレイズ・アナトミー』でカリーを演じるサラ・ラミレスが、本国アメリカでオンエアが終了したばかりのシーズン12を最後に降板することは当サイトでもお伝えした通り。そんなサラに、カリーの元妻アリゾナ役を演じたジェシカ・キャプショーが、はなむけの言葉を送っている。米Us weeklyなどが報じた。


【関連コラム】『グレイズ・アナトミー』ハレンチ事情総ざらい!...で、シーズン7はどうなる!? 安定感抜群→え!? 破局→元サヤのカリー&アリゾナ


サラの発表に対し、ジェシカは今月23日(月)にTwitterで、「素晴らしい10年間を祝うわ! サラの最善を祈っている。そして、カリーが私たちみんなに与えてくれた事を称えたいわ」とサラに感謝し、長きにわたりパートナーを演じた彼女にお別れを告げた。


サラが降板を発表したのは、アメリカでシーズン12の最終話がちょうど放送された今月19日(木)。「しばらくの間、休暇を取る」とカリーが番組に再登場する可能性を残しながらも、「ションダのために働けたことは素晴らしかったし、これからも連絡を取り続けるわ!」と番組クリエイター、ションダ・ライムズへの感謝の気持ちをツイートした。


ちなみにライムズがサラの降板を知ったのは、公表のわずか3日前のことだったそうだ。今月22日(日)、ニューヨークで米VultureとNew York Magazine主催のイベントに出席したライムズは、サラの降板が「計画されていなかった」ことだとコメント。そして、「私には別のプランがあったけど、サラが"休みがどうしても必要"と言ってきたの。彼女の希望通り、休ませてあげられて良かった。サラが大好きだから、彼女のためなら何でもしてあげたい。そういう意味でうまくいったわ」と述べ、サラの降板がシーズン12のエンディングにうまく収まり、自然な流れで番組を後にしたことを明かした。


実はこの4月、サラは降板を匂わせる謎のツイートをしていたという。「カリー・トーレス医師はこれでおしまい。シーズン13、『グレイズ・アナトミー』。みんなありがとう。濃厚で忘れられないローラーコースターのような道のりを」


サラの再出演が実現するかはまだ分からないが、その日を心待ちにしたい。(海外ドラマNAVI)


Photo:ジェシカ・キャプショー
(C)Izumi Hasegawa/www.HollywoodNewsWire.net

元の記事を読む

あわせて読みたい

海外ドラマNAVIの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年5月27日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。