黒澤明、宮崎駿の影響も!『ジャングル・ブック』ジャパンプレミア開催

黒澤明、宮崎駿の影響も!『ジャングル・ブック』ジャパンプレミア開催
『ジャングル・ブック』ジャパンプレミア

ジャングルの動物に育てられた人間の少年と動物との絆や葛藤を描き、全世界で9億ドル超のメガヒットを記録しているウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン配給映画『ジャングル・ブック』。今月27日(水)、東京・歌舞伎座で同作のジャパンプレミアが開催され、主演のニール・セディ、ジョン・ファヴロー監督、プロデューサーのブリガム・テイラー、そして日本語吹替え版のキャストである松本幸四郎(バギーラ役)、西田敏行(バルー役)、宮沢りえ(ラクシャ役)、伊勢谷友介(シア・カーン役)が登壇した。


120年以上の歴史を誇る歌舞伎座で洋画プレミアイベントが行われるのは史上初。それについて、ファヴロー監督は「私が尊敬するルーカスやコッポラも影響を受けている日本の伝統芸能である歌舞伎座で、本作が洋画として初めて上映されることになり光栄です。今作も黒澤明や宮崎駿の影響を受けており、人間味、自然の素晴らしさ、情緒などを描いています。その点にも注目して楽しんでいただきたいです」と、感激した様子を見せつつコメント。


2000人の候補者の中から主役に選ばれた12歳の新人ニールは、「演技未経験だったので、自分以外ブルーバックという環境は最初不安でしたが、(監督の)ジョンに演技について基礎の基礎から教えてもらったので、今ではいい俳優になれたんじゃないかと思います(笑)」とニッコリ。「お気に入りのキャラクターは(クマの)バルーです。流れに身を任せながら、シリアスであるべき時にはシリアスになるからです。そんなバルーと川の中で歌うシーンの撮影は、とても楽しかったです。実際に水の中で撮影して、バルー役はジョンが演じてくれたんです」と、監督との厚い信頼関係にも触れながら語った。


あわせて読みたい

海外ドラマNAVIの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年7月28日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。