放送局が変わった『SUPERGIRL』、出だしはCWで8年ぶりの好成績

放送局が変わった『SUPERGIRL』、出だしはCWで8年ぶりの好成績
『SUPERGIRL/スーパーガール』

放送局が米CBSから米CWに移った、メリッサ・ブノワ主演のスーパーヒロインドラマ『SUPERGIRL/スーパーガール』。10月10日(月)にCWで初放送されたシーズン2プレミアの視聴成績が明らかになった。


米Hollywood Reporterが報じたところによると、CBSの放送時と同じく、月曜日の午後8時から放送されたシーズン2のプレミアは、視聴者数300万人という成績。今年4月にCBSで放送されたシーズン1フィナーレのおよそ半分だが、CWにとっては大きな数字で、同時間枠において8年ぶりに最もよく見られた番組となった。


さらに、若い世代を主な対象としているCWにとって重要な数字となる18-34歳層の視聴率は、シーズン1フィナーレよりも29%増加した。


CWのマーク・ペドウィッツ社長は先月、「CBSの視聴者数の半数でも得られれば、私たちにとってNo.1または2の番組になるでしょう。それより低かったら、私はひどくがっかりするでしょうね」と話していた。シーズン2の出だしは、その言葉を裏付ける好成績となったようだ。(海外ドラマNAVI)


Photo:『SUPERGIRL/スーパーガール』
(C)2016 Warner Bros. Entertainment Inc.

元の記事を読む

あわせて読みたい

海外ドラマNAVIの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年10月14日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。