『エイリアン:コヴェナント』日本語吹替え版に坂本真綾、宮本充ら豪華声優陣が集結!

『エイリアン:コヴェナント』日本語吹替え版に坂本真綾、宮本充ら豪華声優陣が集結!
エイリアン:コヴェナント

かつて『タイタニック』のジェームズ・キャメロンや『セブン』のデヴィッド・フィンチャーもメガホンを取った人気シリーズ『エイリアン』。その1作目で監督を担当したリドリー・スコットが再びこの世界を描く『エイリアン:コヴェナント』の日本語吹替え版の豪華声優陣が決定したことが明らかになった。


本作では、これまで謎のベールに覆われてきた"エイリアン誕生の秘密"が解き明かされる。滅びゆく地球を後にして、宇宙の楽園を発見したはずの移住船クルーに未知の新種エイリアンが牙を剥き、観る者はシリーズ最大のミステリーと極限のスリルを体感するとともに、新たな伝説の目撃者となる! 今回発表となった日本語吹き替え版声優は"戦うヒロイン"ダニエルズ役に坂本真綾、"アンドロイド"のウォルター役に宮本充、"船長"のオラム役に置鮎龍太郎、宇宙船内に侵入したエイリアンの位置も正確に教えてくれる"AI"のマザー役に田中敦子。

坂本は「最初は少しおっとりとした、柔らかい印象のダニエルズ。でも物語の展開とともにどんどん逞しい女性に進化していきます」と自身の演じた役について分析。宮本は「ウォルターとデヴィッド。外見の全く同じ二人の声を演じ分けるのに苦心しました。声質も同じ、違うのは内面。その内面の違いを声で表現するのが難しかったですが、やりがいがありました」と二役を声で演じ分けた事を明かした。置鮎は「思い起こせば、"夜更かししても良いから一緒にTVで映画を見よう"と、父が小学生の私に声をかけたのが、『エイリアン』第1作目だった」と思い入れのある作品であることを述懐。田中も「『エイリアン』から30年。食い入るように観続けたこのシリーズに未知の扉が開かれました。それはとても深い闇に包まれた脅威の世界です」と自身の体験を踏まえて、最新作への期待を明かした。


宇宙船コヴェナント号が発見した未知の惑星。その宇宙の楽園に隠された恐るべき秘密とは? 豪華声優陣が集結した日本語吹替え版にも注目が集まる! SFアクション映画『エイリアン:コヴェナント』(20世紀フォックス映画)は9月15日(金)全国公開。(海外ドラマNAVI)


Photo:『エイリアン:コヴェナント』
© 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved

元の記事を読む

あわせて読みたい

海外ドラマNAVIの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年8月31日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。