『グレアナ』ケイト・ウォルシュ、2年前に脳腫瘍の手術を受けていた

『グレアナ』ケイト・ウォルシュ、2年前に脳腫瘍の手術を受けていた
ケイト・ウォルシュ

大人気医療ドラマ『グレイズ・アナトミー』と、そのスピンオフ作品『プライベート・プラクティス』でアディソン・モンゴメリー医師として人気を博したケイト・ウォルシュが、2年前に脳腫瘍の手術を受けていたことが明らかになった。米Hollywood Reporterらが報じている。


ケイトは雑誌「コスモポリタン」最新号で、「"脳腫瘍"という言葉は、当時の私の考えにはないものだったわ。MRIをやったら医師たちが慌てて、"放射線医に会ってください"と言うのよ。そしてドクターが、"かなり大きな脳腫瘍があるようです"と告げたの。呆然としたわ」と発覚当初を振り返った。


2015年1月に、ケイトが主演と製作を務めたNBCの『Bad Judge(原題)』が打ち切りになった後、疲労感と更年期障害に似た症状を覚えていたという。「朝コーヒーを5杯飲んでも目が覚めなかったり、意識がはっきりしなかったりするほどの疲労感を覚えるようになったの」


さらに同年の4月には物忘れが酷くなったと語り、「失語症だけではなく、言葉を見つけられなくなったわ。考えがまとまらなかったり、センテンスを終えられなかったりしたの。それが、警告だったのね」と当時の症状を説明。


MRIの3日後に除去手術を受けたケイトだが、腫瘍の大きさは5センチ以上のレモン大サイズだったというから驚きだ。「医師役をずっとやっていたから、本当に病気で病院にいても気楽に居られると思っていたけど、そうではなかったわ。まるで6歳の小さな女の子みたいに、私はとても怖がっていたのよ」と、医師の役が長かったとはいえ、実生活とは異なる経験だったとコメント。


あわせて読みたい

海外ドラマNAVIの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年9月21日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。