『グレアナ』『スキャンダル』クリエイターのションダ・ライムズ「エミー賞の現状が恥ずかしい」

『グレアナ』『スキャンダル』クリエイターのションダ・ライムズ「エミー賞の現状が恥ずかしい」
ションダ・ライムズ

『グレイズ・アナトミー』(以下『グレアナ』)、『殺人を無罪にする方法』などを数々のヒット作を生み出してきたションダ・ライムズが、9月17日(日)に開催されたエミー賞授賞式を恥ずかしく思っていることを明かした。米Vanity Fairが報じている。


今年は主演男優賞と監督賞を受賞したドナルド・グローヴァー(『アトランタ』)、主演男優賞を受賞したリズ・アーメッド(『ナイト・オブ・キリング 失われた記憶』)、スターリング・K・ブラウン(『THIS IS US 36歳、これから』)、脚本賞を受賞したアジズ・アンサリ、リナ・ウェイス(『マスター・オブ・ゼロ』)など、アフリカ系アメリカ人が台頭した記念すべき年であった。


ライムズは特に、アフリカ系アメリカ人女性として、初めてコメディ部門の脚本賞を受賞したウェイスのことを誇りに思っているようで、「金曜に彼女に会ったばかりでした。彼女はとても落ち着いていて、地に足がついてしっかりしている人。あのシーズン2第8話のエピソードは、テレビ番組史上でも最高の出来だったと思います」と業界で活躍する友人を賞賛した。


だが一方で、その歴史的快挙はライムズにほろ苦い後味をもたらしたという。「率直に言うと、恥ずかしく思います。こう言う "アフリカ系で初めて"とか"アフリカ系女性初の"とかいうことを未だに耳にしないといけないエミー賞の現状に。これが、一時期の流行で終わらないことを願っています。たくさんの有色人種が受賞したから、"もう十分"と満足して終わってしまわないといいのですが」


あわせて読みたい

海外ドラマNAVIの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年9月21日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。