【ネタばれ】『コード・ブラック』エミリー・アリン・リンド、シーズン3からレギュラーに昇格

【ネタばれ】『コード・ブラック』エミリー・アリン・リンド、シーズン3からレギュラーに昇格
『コード・ブラック 生と死の間で』

全米で最も忙しい病院の救命処置室(ER)の現場を舞台にした医療ドラマ『コード・ブラック 生と死の間で』。本作でアリエル・バーデンを演じるエミリー・アリン・リンド(『リベンジ』『HAWAII FIVE-0』)が、シーズン3よりレギュラーキャストに昇格することが明らかになった。米Deadlineなどが報じている。


【関連記事】アフレコ現場もER並みに大わらわ!?本格派医療ドラマ『コード・ブラック 生と死の間で』ボイスキャスト インタビュー


(以下は、『コード・ブラック』のネタばれとなる情報を含みますのでご注意ください)


シリーズ第1話で両親を亡くした14歳のアリエルは、悲劇の後、マーシャ・ゲイ・ハーデン演じるリアン・ロリッシュ医師の養女になる予定。アリエルは10代の若者らしく多くの悩みを抱えているが、エンジェルス記念病院のスタッフ全員が家族のような環境に置かれることになる。またやむなく病院でボランティア活動も行うアリエルだが、癌で入院している少年との出会いも待っているようだ。


また、新シーズンではキャストの入れ替わりもあるようだ。シーズン3で降板が伝えられているのはシーズン1から、同性愛者の研修医マラヤ・ピネダを演じてきたメラニー・チャンドラ。そんな彼女の穴を埋めるため、タイラー・ペレス(ドラマ版『スクリーム』)とチャーリー・ローズ(『グッド・ワイフ』)が新たに加わることも決定している。


タイラーが演じるのは、望むものはすべて手に入れることができるほど裕福で、かつ魅力的な研修医のディエゴ。一方のチャーリーはシーズン3の第1話にゲスト出演する予定で、非常に賢い新人研修医だが米国一忙しいERにはなかなか対応しきれないペッパーという役を演じる。


あわせて読みたい

海外ドラマNAVIの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年10月9日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。