『ER』と『グレイズ・アナトミー』の美味しいとこどり!『シカゴ・メッド』の魅力

『ER』と『グレイズ・アナトミー』の美味しいとこどり!『シカゴ・メッド』の魅力
『シカゴ・メッド』

『シカゴ・ファイア』『シカゴ P.D.』に続いて、ついに10月11日(水)よりDVDがリリースとなる『シカゴ・メッド』。消防、警察の次となる『シカゴ』シリーズ第3弾の舞台は病院。リアルな救急医療の描写と、現代ならではの主題をふんだんに盛り込んだ症例の数々、救命に携わる人々の活躍や葛藤を見事に描き出している王道医療ドラマの進化版と言える。


【関連記事】手術シーンで顔が血だらけになるのは日常茶飯事!?『シカゴ・メッド』出演者インタビュー


1994年から15シーズン続いた『ER 緊急救命室』をはじめ、ここ20年あまりで数々の名作が生まれてきた医療ドラマ。今世紀に入ってからは、『Dr.HOUSE』『グレイズ・アナトミー』『ロイヤル・ペインズ~救命医ハンク~』といった長く愛される作品も増え、それぞれに、カリスマ医師、医師たちの恋愛模様、セレブ専門医など独自の切り口でドラマファンを惹きつけてきた。そして2010年代になると、従軍経験を持つ医師の型破りな処置が特徴の『ナイトシフト 真夜中の救命医』や、リアルな医療シーンと群像劇が同居する『シカゴ・メッド』が登場している。


特にこの『シカゴ・メッド』は、医療ドラマを中心に人気作品の魅力をうまく盛り込んでいる。まずは『ER』ですっかりおなじみとなった、次々と搬送されてくる患者に対し、医師、看護士が入り乱れながら素早く処置にあたる緊急医療のスピーディーさがしっかり描かれている。さらには、尊厳死や代理出産といった現代的なテーマを積極的に取り上げ、それをめぐって苦悩する医師や患者の姿を捉えている。また、様々な考えを持っていたり、異なる立場にある医師や看護師、管理者が衝突や反発を経て、次第に理解を深めていくさまも丁寧に描かれる。事故・病気・軽症・重症から持病の悪化まで多種多様な患者が現れる中、各自が外科、内科、精神科といった専門知識や経験値をフル稼働し、厄介な病因を突き止める神業も必見だ。


あわせて読みたい

海外ドラマNAVIの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年10月11日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。