日野由利加、荻野晴朗、浪川大輔が『ブラックリスト リデンプション』に続投!コメントも到着

日野由利加、荻野晴朗、浪川大輔が『ブラックリスト リデンプション』に続投!コメントも到着
日野由利加、荻野晴朗、浪川大輔

スーパー!ドラマTVにて12月11日(月)より独占日本初放送となるアクション・サスペンス超大作『ブラックリスト』のスピンオフ『ブラックリスト リデンプション』。本作で主役を務めるのは本家の人気キャラクター、トム・キーン。レディントンのブラックリストに載っている生き別れた母親、スーザン・"スコティー"・ハーグレイヴが経営する会社の秘密傭兵組織に潜入したトムは、スコティーの陰謀を探りつつ、因縁の相手ソロモンなどとともに、政府が関与できない"裏の仕事"に挑むという最強スパイアクションだ。本家でスコティー、トム、ソロモンの日本語吹替えを担当していた日野由利加、荻野晴朗、浪川大輔が本作に続投することがこの度決定し、3人のコメントも到着している。


【関連記事】『ブラックリスト』新キャラクター、ミスター・ソロモン役の浪川大輔さんに直撃インタビュー!


スーザン・"スコティー"・ハーグレイヴ役(ファムケ・ヤンセン)の日野は、「私が演じるスコティーはクールビューティーで存在感があるので、彼女がいることで作品が華やかになっているなと思います。本作では彼女は組織のリーダーとしての使命感というよりも、夫に対する女性らしさや息子トムに対する母性に動かされることの方が多い気がします。本家では目にしていなかったスコティーの弱い部分が見えるのが見どころだと思います」と、分析を交えてポイントを紹介。


日野と同じく、本家と本作でのキャラクターの変化に言及したのは、トム・キーン役(ライアン・エッゴールド)の荻野。「本家よりもさらにスタイリッシュなスパイドラマになっていて、テンポの速さやスピード感にもキレがあると思います。本家ではトムはエリザベスの夫というところで穏やかでありつつも、幼い頃から工作員として訓練されていたことからどんな状況でも動じないキャラクターとして話すようにしていたんですが、今回は自分の出生に関わることに触れたり、自分の本当の母親に会うことで、喜びや怒りといった感情が揺れるところを意識して臨みました」


あわせて読みたい

海外ドラマNAVIの記事をもっと見る 2017年10月17日の海外セレブ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。