『THIS IS US』シーズン2、ケヴィン・スペイシーを話題にしたセリフがカットに

『THIS IS US』シーズン2、ケヴィン・スペイシーを話題にしたセリフがカットに
『THIS IS US 36歳、これから』

話題のドラマ『THIS IS US 36歳、これから』で、ケヴィン・スペイシー(『ハウス・オブ・カード 野望の階段』)対し、子役時代のアンソニー・ラップ(『スター・トレック:ディスカバリー』)への性的アプローチ疑惑が持ち上がった報道で、あるセリフが急遽カットされる事態が発生した。米Deadlineらが報じている。


【関連記事】『THIS IS US』ジャスティン・ハートリーが結婚!


カットされたのは、アメリカで10月31日(火)に放送されたシーズン2の第6話、『The 20s(原題)』というエピソード。この中で、ジャスティン・ハートリー演じるケヴィンのルームメイトが、「ケヴィン・スペイシーと映画で共演することが決まった」と発言するシーンがあり、それが今回カットされる対象となった。このシーンは今回の疑惑報道より何週間も前に撮影されていたという。


製作プロダクションである20世紀フォックステレビは、「ケヴィンの報道により、彼の名前を出していたセリフのシーンを削除することを決定しました」とコメントを発表した。『ハウス・オブ・カード』は、現在撮影中のシーズン6をもって終了現在行われている撮影も無期限に中断することが決まっている。


また、シーズン4まで製作総指揮を務めたエリック・ロスの脚本によるスピンオフ製作や、その他2本のスピンオフの企画も浮上していることはお伝えした通り。意外なところで、ケヴィンのスキャダルが『THIS IS US』に影響をもたらした結果となった。


あわせて読みたい

海外ドラマNAVIの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「『THIS IS US』シーズン2、ケヴィン・スペイシーを話題にしたセリフがカットに」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    ワインスタイン、ベンアフレック、ケビンスペイシー、マットデイモン、なにがリベラルだ。

    1
この記事にコメントする

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年11月5日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。