『ディセンダント』に続く、13歳女子の超"ワケあり"人生ドラマ『アンディ・マック』が2018年1月8日(月・祝)より日本初放送!

『ディセンダント』に続く、13歳女子の超"ワケあり"人生ドラマ『アンディ・マック』が2018年1月8日(月・祝)より日本初放送!
『アンディ・マック』

『ディセンダント』『ハイスクール・ミュージカル』『ティーン・スパイ K.C.』などの人気作を生み出してきたディズニー・チャンネルが贈る新ドラマ、13歳の少女アンディの"ワケあり"人生をドラマチックに描く全米大ヒット作『アンディ・マック』が、2018年1月8日(月・祝)より日本初放送となる。


【関連記事】『ディセンダント2』ダヴ・キャメロン&ソフィア・カーソン直撃インタビュー


主人公アンディ・マックがティーンエージャーとなる13歳の誕生日に知らされた衝撃の事実。それは...お姉ちゃんは本当はお母さんで、お母さんはおばあちゃんだった! 家族に長年の秘密を打ち明けられ、平凡だった人生が一変したアンディはそれ以降、ジェットコースターのようなエキサイティングな日々がスタート。そんなワケあり家族や親友たちに囲まれたアンディが、ティーンならではの恋や友情、家族の悩みを経験し、自分らしい生き方を模索し成長していく様子が描かれる。


本国アメリカでこの4月に放送開始した本作は、放送から5週目にして放送・3日間録画・デジタル配信なども含め約4000万人が視聴。今年ナンバー1ヒット(ガールズ、6~11歳キッズ、9~14歳ティーン)を記録した。


製作総指揮&脚本を手掛けるのは、『リジー&Lizzie』の脚本家テリー・ミンスキー。大ヒットドラマ『SEX AND THE CITY』でコンサルタントを務めた後、『SATC』の主人公キャリーの若かりし頃を描いたドラマ『マンハッタンに恋をして ~キャリーの日記』の脚本を執筆した彼女が描く物語は、予想を裏切る展開と、個性豊かなキャラクターが魅力だ。主人公アンディを演じるのは、新星のペイトン・エリザベス・リー。


『アンディ・マック』はディズニー・チャンネルにて2018年1月8日(月・祝)21:00スタート(初回は第1話~第2話連続放送の拡大版)。(海外ドラマNAVI)


Photo:『アンディ・マック』
©Disney

元の記事を読む

あわせて読みたい

海外ドラマNAVIの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年12月19日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。