『スター・ウォーズ』派生小説・コミックの"拡張世界"が正史から外された理由

『スター・ウォーズ』派生小説・コミックの"拡張世界"が正史から外された理由
かくして、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』に無事登場したチューバッカ

35年以上にわたり、『スター・ウォーズ』の小説、コミック、ビデオゲームなどで構築されてきた拡張世界(Expanded Universe:以下、EU)。しかし、2014年にディズニーがルーカスフィルムを買収、新3部作の映画製作が決まると、EUは「Star Wars Legends」という新たなブランドをつけられ、正史から外されることになった。拡張世界に思い入れのあるファンを震撼させた決定は、どんな理由で下されたのだろうか。


【関連記事】『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のネタばらしをすると脅すグループが出現


ルーカスフィルムは2014年当時、EUを正史から外した理由について「映画製作者が創造的な自由を最大限に発揮できるようにするため」と説明している。同スタジオに20年以上勤め、社内データベースの管理をしているリーランド・チーは、SyFy.comのインタビューで、分かりやすく例えを挙げている。


「僕の目から見れば話は単純で、チューバッカがEUで死んだことになっているのが理由だ。唸り声だけあげるチューバッカは、小説の登場人物としては厄介だった。それでチューバッカは、命を落とすことになった」と話すチー。


「でも、実写映画にチューバッカを復帰させるチャンスがあるなら、ファンのためにもそのチャンスを逃すべきじゃない。チューバッカのいないエピソード7(『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』)を作って、不在の理由を説明するなんて考えられないじゃないか」と説明している。


あわせて読みたい

海外ドラマNAVIの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年1月28日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。