英国アカデミー賞確実?ヒュー・グラントの「ソープ事件」ドラマ、英各紙が絶賛

英国アカデミー賞確実?ヒュー・グラントの「ソープ事件」ドラマ、英各紙が絶賛

英BBCの新ドラマ『A Very English Scandal(原題)』は、イギリスで実際に起きた政治家のスキャンダルを扱った3話構成のミニシリーズ。ラブコメの帝王として名高いヒュー・グラントが、腹に一物を抱えた政治家ジェレミー・ソープを演じ、イギリス最悪とも言われる醜聞に、深みのある演技で切り込んでいる。


【関連記事】『007』ベン・ウィショー、『A Very English Scandal』でヒュー・グラントの愛人に!


◆栄光から転落した党首
ジェレミー・ソープはかつて自由党党首としてその黄金期を築いたものの、1979年に元恋人、ノーマン・スコットの殺人未遂と共謀罪に問われることとなる。裁判で無罪を勝ち取ったソープだが、恋人が同性の男性であったことから、世間の偏見にさらされるようになり、やがて政界から姿を消す...。


交際当初の二人の関係は順調で、ソープは彼に住居と生活費を与えていた。しかし部屋で独り過ごす時間が長くなったスコットは、次第にソープに軽視されていると感じ、恨みを抱くようになる。怒りは限界を超え、ある日彼はソープの欲望の犠牲になったとロンドン警視庁に関係を告白。同性愛が違法であった当時の英国で、ソープの性的指向は保安局(MI5)の知るところとなってしまう。自由党復活の立役者としての栄光から一転、一連のスキャンダルによる没落の一部始終を描いたのが本作だ。


◆ヒュー、私生活のスキャンダルが武器に?
本作の主演を務める今年58歳になるヒュー。『ノッティングヒルの恋人』『ラブ・アクチュアリー』などラブ・ストーリーの印象が強い彼だが、本作ではお決まりの役どころを離れ、笑顔の裏に冷酷な感情を忍ばせる政治家役に挑戦。素晴らしい立ち回りを披露している。英Guardianは、多面性のあるヒューの演技がドラマの魅力になっていると分析。本作でさらに演技の腕を上げたと賞賛している。コミカルなシーンにも政治家としての神経質な気配を漂わせる芝居はさすがだ。


あわせて読みたい

海外ドラマNAVIの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「アカデミー賞 + 日本」のおすすめ記事

「アカデミー賞 + 日本」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「アカデミー賞」のニュース

次に読みたい関連記事「アカデミー賞」のニュースをもっと見る

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年6月1日の海外セレブ記事

キーワード一覧

  1. アカデミー賞 日本

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。