あれから20年...『SATC』4人のキャスティング秘話

あれから20年...『SATC』4人のキャスティング秘話

今から20年前、クリエイターのダーレン・スターは女性の友情と恋愛関係を描く新しいドラマのためのオーディションを行っていた。そのドラマこそ、今なお多くのファンに愛されている『SEX AND THE CITY』(以下『SATC』)。『ビバリーヒルズ高校/青春白書』や『メルローズ・プレイス』などを生み出してきたヒットメーカーはどのようにして、キャリーやサマンサ、シャーロット、ミランダらを発掘したのだろうか。


【関連記事】『SATC』VS『CSI:ニューヨーク』リアルなニューヨークを描いているのはどっち?


『SATC』は、「Me Too」が叫ばれ、女性を中心とした番組が意欲的に製作される時代が訪れる前から、人知れず傷ついている独身のキャリアウーマンを主人公にし、女性の友情、女性のエンパワーメント、カジュアルなセックスをテーマにしていた。そして、後に二本の映画、そして前日譚を描く物語『マンハッタンに恋をして ~キャリーの日記~』まで製作される大ヒットシリーズに成長した。


『SATC』がスタートしてから20年が経った2018年現在、サラ・ジェシカ・パーカー(キャリー役)、キム・キャトラル(サマンサ役)、クリスティン・デイヴィス(シャーロット役)、シンシア・ニクソン(ミランダ役)の4人がキャスティングされるまでを、米Varietyの取材でスターが振り返った。


主演サラについて。「パイロットを書いた後、私はサラこそキャリーにぴったりの女優だと思った。もともと彼女の大ファンだったし、面白くて、いつもとてもスマートだからね。素晴らしいコメディの素質を持っているとも思っていた。それらを兼ね備える彼女にこの役は完璧にフィットするように感じたんだ。ニューヨークで一緒にランチをした時おそらくサラは、"この男は誰?""この脚本は何?"と思っていただろうね(笑)。でも、脚本を気に入ってくれたよ。彼女は主に映画で活躍していたから、TVシリーズをやるということに壁はあったかもしれないが、それがHBOだったということが違いをもたらしてくれた」アメリカではAリスト俳優でもオーディションを受けて役を得ることは知られた話だが、スターの希望によりサラに直接オファーをし、オーディションなしで配役が決定したという。


あわせて読みたい

海外ドラマNAVIの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年6月10日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。