米誌の選ぶ「2018年上半期ベストTVドラマ」人気作品をまとめてチェック!

米誌の選ぶ「2018年上半期ベストTVドラマ」人気作品をまとめてチェック!

2018年は早くも後半に突入。今年も豊作揃いの海外ドラマから、米各誌が上期の一押し作品トップ10を発表している。トレンドとして、「異文化の体験」「リアリティーの追求」「マイノリティーへの脚光」を主題にした作品が多くランクインを果たす結果となった。今年前半の良作を振り返って、うっかり見逃していた一本がないかチェックしてみよう。


【関連記事】米TVガイドが選ぶ、2018年冬の注目新作海外ドラマ19選(前編)


■見知らぬ文化に想いを馳せて
まずは現実世界に疲れた私たちに、見知らぬ文化を疑似体験させてくれる作品をご紹介。『Patrick Melrose(原題)』(Vanity Fair誌推薦、以下V誌)は、『SHERLOCK/シャーロック』のベネディクト・カンバーバッチが破天荒な放蕩息子を演じる話題作。1960年代初頭のイギリスから2000年代のアメリカまで、上流階級の世界を時間と国を超えて見せてくれる。同誌はスパイ・スリラー『ジ・アメリカンズ』もピックアップ。こちらは1980年代、冷戦時代のアメリカを舞台にしたスパイ・サスペンスドラマ。ワシントンDCに潜伏するロシア人スパイの夫婦が、祖国ソビエト連邦への忠誠を果たすべく諜報活動を繰り広げる。自分の子どもにさえ正体を明かせない工作員夫婦のアメリカでの生活を追った作品で、絶え間ない緊張感がたまらない。


Rolling Stone誌(以下R誌)は、見過ごされがちな10本の中で『Howards End(原題)』を紹介。1910年代のイギリス小説を原作にしたこの作品は、階級社会が生んだ悲劇を描き、20世紀初頭のイギリスの雰囲気を垣間見せてくれる。時代やロケーションに工夫を凝らしたこれらのドラマは、現代とは一味違う空間に没入できる作品として、アメリカで人気のようだ。

...続きを読む

あわせて読みたい

海外ドラマNAVIの記事をもっと見る 2018年7月16日の海外セレブ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。