『ボヘミアン・ラプソディ』の元子役、マコーレー・カルキンの役を奪っていた!

『ボヘミアン・ラプソディ』の元子役、マコーレー・カルキンの役を奪っていた!

世界中で話題を呼び、現在日本でも大ヒット公開中の音楽伝記映画『ボヘミアン・ラプソディ』。本作で「クイーン」のベーシスト、ジョン・ディーコンを演じているジョセフ・マッゼロ。子役出身の彼が90年代に出演した映画に、当時誰もが知る人気子役だったマコーレー・カルキンが出ていたかもしれなかったことが明かされた。米Entertainment Weeklyが伝えた。


【関連記事】リアルなファミリー!『ボヘミアン・ラプソディ』ラミ・マレック&グウィリム・リー&ジョー・マッゼロ直撃インタビュー


マコーレーといえば、1990年公開の『ホーム・アローン』で大ブレイクし、一躍トップ子役スターに。彼の子役時代と、その後の波乱に満ちた人生については、日本でも知っている人が多いだろう。


このほど、ジョセフは米PeopleTVの「Couch Surfing」というコーナーに登場。その中で、彼の知名度を上げるきっかけとなった1992年公開の映画『ラジオ・フライヤー』について、知られざる秘話を明かした。


ジョセフ・マッゼロが『ラジオ・フライヤー』で役を獲得できた経緯は?


『ラジオ・フライヤー』は、両親の離婚によりカリフォルニアの田舎に引っ越してきた兄マイク(イライジャ・ウッド)と弟ボビー(ジョセフ)という兄弟が主人公。母の再婚相手である義父からひどい折檻を受けるボビーを見かねたマイクが、ボビーをトロッコ(ラジオ・フライヤー)に乗せ遠い未知の世界に旅立たせようとする...という物語だった。


あわせて読みたい

海外ドラマNAVIの記事をもっと見る 2018年11月22日の海外セレブ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。