ティモシー・シャラメの美しすぎる最新作『ビューティフル・ボーイ』、『13の理由』脚本家の感動実話が2019年4月公開

ティモシー・シャラメの美しすぎる最新作『ビューティフル・ボーイ』、『13の理由』脚本家の感動実話が2019年4月公開

映画『君の名前で僕を呼んで』で17歳の少年エリオを演じ、22歳の若さで第90回アカデミー賞の主演男優賞をはじめ、ゴールデン・グローブ賞、英国アカデミー賞(BAFTA)など主要な賞レースでノミネートを果たし、世界中のファンを魅了したティモシー・シャラメ。そしてそのスタイルやファッションセンスが話題を呼び、映画界だけでなくファッション界においても今一番ホットな男と呼び声も高いティモシーの最新作『Beautiful Boy(原題)』の邦題が『ビューティフル・ボーイ』に決定し、2019年4月にTOHOシネマズ シャンテ他にて全国公開される。


【関連記事】『君の名前で僕を呼んで』ティモシー・シャラメ主演、『シークレット・チルドレン』2019年1月18日(金)緊急公開決定!


映画『ビューティフル・ボーイ』は、父デヴィッドとドラッグ依存症だった息子ニックが、それぞれの視点で書いた2冊のノンフィクションを原作にした愛と再生の物語。Netflixオリジナルドラマ『13の理由』の脚本家として活躍するニック・シェフが、8年という長い歳月をかけてドラッグ依存を克服し、彼を支え続けた家族の、実話に基づく愛情あふれるストーリーだ。


日本公開に合わせて決められた邦題は、原題『Beautiful Boy』そのままの『ビューティフル・ボーイ』。「ビューティフル・ボーイ」と聞くと多くの人が連想するものに、1980年に発表されたジョン・レノンによる同名楽曲があるのではないだろうか。ジョンが当時5歳だった息子ショーンのために書き、数々のアーティストによってカバーされ世界中で愛されるこの曲が、劇中でも父デヴィッドにより、息子ニックへの子守唄として口ずさまれ、観客の感情を大きく揺さぶるシーンで使われている。「人生は長い道のり。毎日、あらゆることが少しずつ良くなっていくんだよ」と優しく語りかけるこの曲と父デヴィッドが、息子ニックを"愛し、見守り続ける"物語の世界観にシンクロしている。


あわせて読みたい

海外ドラマNAVIの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「アカデミー賞 + 日本」のおすすめ記事

「アカデミー賞 + 日本」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「アカデミー賞」のニュース

次に読みたい関連記事「アカデミー賞」のニュースをもっと見る

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年12月19日の海外セレブ記事

キーワード一覧

  1. アカデミー賞 日本

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。