『アリータ:バトル・エンジェル』ローサ・サラザール、クリストフ・ヴァルツ、ロバート・ロドリゲス監督らの来日が決定!

『アリータ:バトル・エンジェル』ローサ・サラザール、クリストフ・ヴァルツ、ロバート・ロドリゲス監督らの来日が決定!

世界15の国と地域で翻訳された木城ゆきと原作による伝説の漫画「銃夢」を、壮大なる構想を経て遂に実写化した映画『アリータ:バトル・エンジェル』。この度、本作の主人公サイボーグの少女アリータを全編パフォーマンス・キャプチャーで演じたローサ・サラザール、アリータの父親代わりのサイバー医師イド役のクリストフ・ヴァルツ、ジェームズ・キャメロンからメガホンを託されたロバート・ロドリゲス監督、キャメロンの製作パートナーとして『タイタニック』や『アバター』など大ヒット作を世に送り出してきたプロデューサーのジョン・ランドーの来日が決定した。


【関連記事】ハリウッドで活躍するアジア系女優、注目したい出演作6選!


これまで時代を先駆するヒロインを数々描いてきたキャメロンが、新たに描くヒロインのアリータを演じるローサ。ロドリゲス監督が「オーディションで彼女を見た時、あまりの素晴らしさに泣きそうになったよ。早速キャメロンにもオーディション映像を観せると彼も絶賛し、"オーディションはもう終了だ"と言って、何度も繰り返し映像観ていたよ」と、大絶賛していたと明かす。さらに原作者の木城もまた「CGに置き換えなくてもそのままアリータで通用するんじゃないか?とか思った」と彼女こそアリータだと太鼓判を押す。


そして、「脚本を書いたのは、私の娘が13歳の時だった。少女が衝撃的な過去に気づき、運命と向き合っていく物語は、同時に父と娘のラブストーリーでもある」とキャメロンが、アリータとイドの関係に自身の娘への想いを重ねたことを明かしているように、本作においてイドも重要なキャラクターの一人だ。そんなイドを演じるのは『イングロリアス・バスターズ』、『ジャンゴ 繋がれざる者』で2度のアカデミー賞助演男優賞を受賞したクリストフ。"悪役俳優"としてその名を轟かせてきた彼がアリータと絆を築いていくイドをどのように演じているのかにも、早くも注目が集まっている。


あわせて読みたい

海外ドラマNAVIの記事をもっと見る 2019年1月15日の海外セレブ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。