『Lの世界』ロザンナ・アークエット、ライアン・マーフィー製作のNetflix新シリーズに出演!

『Lの世界』ロザンナ・アークエット、ライアン・マーフィー製作のNetflix新シリーズに出演!

レズビアンの世界をスタイリッシュに描いた『Lの世界』や、ハリウッドの舞台裏を描くドラマ『レイ・ドノヴァン ザ・フィクサー』に出演しているロザンナ・アークエット。映画界でも活躍する彼女が、『Glee/グリー』や『アメリカン・ホラー・ストーリー』(以下『アメホラ』)などを手掛ける敏腕クリエイター、ライアン・マーフィーが贈るNetflixの新作ドラマ『Ratched(原題)』に出演することがわかった。米Varietyが報じている。


【関連記事】『Glee』『アメホラ』を生み出したライアン・マーフィー、Netflixと契約


『Ratched』は、映画『カッコーの巣の上で』に登場する看護婦長ラチェッドを主人公にした作品で、すでに『アメホラ』や『アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件』などに出演しているサラ・ポールソンが主演することが決定。時代は1947年に設定され、ラチェッドが看護師長から本格的な"モンスター"に変貌していく過程が描かれるという。


サラが、ロザンナの出演をInstagramで発表。サラはロザンナが、性的暴行で複数の女性から訴えられているハリウッドのプロデューサー、ハーヴェイ・ワインスタインについて、最初に声を上げた一人であることを称えている。


『Ratched』でロザンナが演じる役柄については明かされていないが、すでに決定している以下のキャストに名を連ねることになる。シンシア・ニクソン(『セックス・アンド・ザ・シティ』)、シャロン・ストーン(『モザイク ~誰がオリヴィア・レイクを殺したか』)、フィン・ウィットロック(『アメホラ』シリーズ)、ジョン・ジョン・ブリオネス(『メンタリスト』)、チャーリー・カーヴァー(『デスパレートな妻たち』)、ジュディ・デイヴィス(『フュード/確執 ベティ vs ジョーン』)、ハリエット・ハリス(『デスパレートな妻たち』)、ハンター・パリッシュ(『Weeds ~ママの秘密』)、アマンダ・プラマー(『ザ・ダンサー』)、コリー・ストール(『ストレイン』)。


あわせて読みたい

海外ドラマNAVIの記事をもっと見る 2019年2月14日の海外セレブ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。