【イベントレポート】アリータ・ファミリーが日本に集結!『アリータ:バトルエンジェル』ジャパンプレミア

【イベントレポート】アリータ・ファミリーが日本に集結!『アリータ:バトルエンジェル』ジャパンプレミア

SF漫画の最高峰として語り継がれ、日本はもとより世界17の国と地域で翻訳された伝説の漫画「銃夢」。長年に渡り映画化を切望してきた巨匠ジェームズ・キャメロン製作・脚本で、ついに『アリータ:バトル・エンジェル』としてスクリーンに登場する。


【関連記事】『アリータ:バトル・エンジェル』ジェームズ・キャメロンも大絶賛!ニュー・ヒロインの役作りとは?


2月22日(金)の日本公開に先駆けて、"『アリータ:バトルエンジェル』アリータ降臨 ジャパンプレミアイベント"が2月14日(木)に都内にて開催され、主人公アリータ役を演じるローサ・サラザール、サイバー医師イド役を演じるクリストフ・ヴァルツ、監督のロバート・ロドリゲス、ジェームズ・キャメロンの右腕として数々の世界的大ヒット作を手掛けてきた名プロデューサーであるジョン・ランドー、日本語吹替版でアリータ役の声優を務めた上白石萌音、原作者の漫画家・木城ゆきとが登壇した。


原作「銃夢」の誕生した国である日本についに集結した"アリータ・ファミリー"は、会場のファンへのグリーティングを終えるとステージに登場。


まずローサが「原作者である木城先生と一緒に『アリータ』のふるさとにいることをうれしく思います」と挨拶すると、日本生まれのキャラクターを演じた感想として「アリータは本当にダイナミックで、ものすごく激しいキャラクターなんですけど、このキャラクターをみなさんと共有できることに興奮しています。クレイジーな宇宙観、クレイジーなキャラクターをいっぱい作ってくれた木城先生に感謝します」と語った。


あわせて読みたい

海外ドラマNAVIの記事をもっと見る 2019年2月15日の海外セレブ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。